初めて当ブログにお越しの方に 2014年12月

はじめまして、モ人SYO−GOと申します。簡単なプロフィールはコチラ
また、このエントリ自体、年に一回のアップデートを行っています。第一回、第二回=前回(去年)のエントリは以下。

初めて当ブログにお越しの方に 2012年12月 初めて当ブログにお越しの方に 2012年12月 | これが我が家の生存戦略

初めて当ブログにお越しの方に 2013年12月 初めて当ブログにお越しの方に 2013年12月 | これが我が家の生存戦略

前回から大きく変わっている事もありませんが、お時間・ご興味のある向きは上記エントリも合わせてご覧いただけるとさいわいです。


Q1.モ人とは?

A1.東京都板橋区高島平近辺在住の薄給サラリーマン。男性。34歳(去年まで年齢はボカしてましたが、モ人ポートフォリオ管理でオープンにしてるので、コチラでも白状)。

Twitterアカウントはコチラ

ブログ用メールアドレスはmojin_syo_go☆hotmail.co.jp
(お手数ですが☆マーク部分を@に置き換えてください。)

配偶者アリ、五歳の長男(セガレ)、二歳の長女(ムスメ)、零歳の次女(ルーキーちゃん)の五人家族(多分もう増えないと思う)

ご参考:無事に第三子出産・母子共に退院いたしました 無事に第三子出産・母子共に退院いたしました | これが我が家の生存戦略

こうして、いわゆる「投信ブログ」を管理・更新していますが

ブログ運営もk2k2投資もモ人家にとって人生の最優先ではない ブログ運営もk2k2投資もモ人家にとって人生の最優先ではない | これが我が家の生存戦略

という風に「投資活動」「ブロガー活動」は家族・本業に支障をきたさない範囲で取り組んでいます。

≪お詫び≫アルゴリズム逸脱&変更のお知らせ


平素より当ブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。モ人です。

ごめんネコごめんネコ / SigNote Cloud

要点

・以前決めていた取引ルールを破った。今後も実施できそうにないのでルール見直しを行う。


先日


にてご報告したように、2014年7月末のポートフォリオチェックの際にモ人ポートフォリオ【応援】(以後【応援】)とモ人ポートフォリオ【感謝】(以後【感謝】)の実際保有比率が目標保有比率に対して1%以上の乖離をしていました。(【応援】が超過。【感謝】が割り込み)


に記していたアルゴリズム−自分で決めた取引ルールにのっとると、この場合は【感謝】に現金を投入して保有比率を目標に近づけるという事をしなければなりません。

…しかし…どうにも気が進まない。さらに必要額を計算すると意外と太い額で尻ごみしてしまう始末…

(自分用メモ)モ人家資産管理アルゴリズム(案)後編〜モ人ポートフォリオ管理〜

連作です。前回は以下をどうぞ。


前回も掲載しましたが、モ人家資産管理の全体的なイメージフローチャートは以下の通りです。

20140325_全体フローチャート

前回はこのうち、『モ人家資産全体確認』の部分を紹介しました。今回はその後のステップ『モ人ポートフォリオ管理』について。

まずは、資産の棚卸と同様モ人ポートフォリオ【応援】とモ人ポートフォリオ【感謝】の全ファンドの評価額とその割合を洗い出します。

※ モ人ポートフォリオ【応援】=【セゾン資産形成の達人F】:【ひふみ投信】:【結い2101】=60:20:20の目標割合で保有する。

※ モ人ポートフォリオ【感謝】=(当面の間)【eMAXISバランス(8資産均等型)】を保有する。

この時、モ人ポートフォリオ内の【感謝】の割合に注目しておきます。また、【感謝】の目標保有割合をモ人の実年齢(小数点以下一桁まで)とします。


次に前回の手順No.6〜8…最後から三段階の内容をもう一度みてみましょう。

>6.リスクオン率[%]が事前に設定した≪リスク取りすぎ基準ライン≫をオーバーしていないかどうかのチェック

>⇒オーバーしていた場合、≪リスク取りすぎ基準ライン≫になるまで売却の判断。次回へ


>7.リスクオン率[%]が事前に設定した≪リスク取ってなさすぎ基準ライン≫を割り込んでいないかどうかのチェック

>⇒割り込んでいた場合、≪リスク取ってなさすぎ基準ライン≫になるまで買付の判断。次回へ
 

>8.≪リスク取りすぎ基準ライン≫未満≪リスク取ってなさすぎ基準ライン≫以上だった場合、モ人ポートフォリオの調整のみを行う。次回へ

一つづつ見ていきましょう。

(自分用メモ)モ人家資産管理アルゴリズム(案)前半〜モ人家資産全体確認〜

先月末、こんなエントリを書きました。


エントリ末尾に

>3月の目標は上記ルールを【理解】【分解】【再構築】して

新生!モ人家生存戦略統合ドクトリン

みたいなイカしたタイトルのエントリを更新する事にします。

と書いていました。【理解】【分解】【再構築】は言わずもがな荒川弘さんの大ヒットダークファンタジーコミックス「鋼の錬金術師」からパクッたオマージュしたものです。

(余談ですが、TVアニメ「鋼の錬金術師」@2003年放映版は友人の名前がTV画面で初めてクレジットされた個人的に思い入れのある作品です。原作も当然全巻持ってますし、大好きなんですが「ハガレン」といわれると最初に思い浮かぶのはコチラです。)

4月から再放送されるとのこと。懐かしすぎる…


ドクトリン(教理)はやめにしてアルゴリズム(算法)という事にしましょう。




ものごとを効率よく進める為の手順、という意味では「ドクトリン」より「アルゴリズム」の方が適しているように感じます。一方、大局的な方針決定などは「ドクトリン」と表現したほうがインパクトは大いですね。もし、今後もっと大胆な方針転換(?FXで一攫千金!!とか毎月分配型で複利効果を享受!!とかか??)を行う場合には「ドクトリン」と表現しましょう。

20140325_全体フローチャート

上記のフローチャートが大まかなイメージ図ですが、今回はアルゴリズムフローチャート最上段にある『モ人家資産全体確認』部分の説明を。

リバランス雑感

ある意味連作です。前回は


をご覧ください。

@ピザ@ピザ / sekido

今日のお題は上記エントリを書くにいたる計算中に、改めて感じた事です。それは…

リバランスの為の売却には、コストがかかる!

という事。


インデックス投資や国際分散投資を奨励する本の数々には「定期的なリバランスは必要」という文言が書かれています。一方で「リバランスの間隔・頻度は短すぎると手間やコストがかかるので損失になりやすい」という事もセットで書かれています。

ものの本によって「適度」な間隔・頻度は、1年〜3年という風に幅があるように感じますが、「毎月実行すべき!!」という主張はみかけた事がありません。

また、比率チェックの段階で比率が大きく崩れていないのなら、リバランスの為の売買をするべきではないという事も書かれています。「大きく崩れる」というのが具体的にどの程度、という事はあまり書かれていませんが…


しかし、「リバランス」のコストとはおおむね「売却の為に発生するコスト」が全てです。買付にはコストが発生しません。

(ETFや販売手数料を取る投信なら話は別ですが)

(買付をするとファンドの規模が大きくなり、ファンド内に新たに組み入れる金融商品を買い付けるコストは発生します。あくまで、個人投資家が自分の保有資産でコストがかかるかどうか?というお話です。)

(自分用メモ)ポートフォリオの大改造を思案中2014年2月


表題のとおり、自分用のメモとして残しておきます。

DEMICOUPER CUT OFF MEMODEMICOUPER CUT OFF MEMO / yto


1.現行保有三ファンドの定額積立を停止

⇒単純に新規資金の枯渇が最大要因。『給与減』『家族増(&成長)』消費税&物価増』と家計収支悪化要因がジェットストリームアタックをしかけてきています。

ご参考:ジェットストリームアタック (じぇっとすとりーむあたっく)とは【ピクシブ百科事典】 ジェットストリームアタック (じぇっとすとりーむあたっく)とは【ピクシブ百科事典】

一応、『投資にまわさない生活防衛資金』と『投資にまわしている資金』は比率で管理しており、最近でも許容範囲内で推移はしているのですが…今後の事を考え「定額積立」という方法は取りやめます。


2.今まで『モ人ポートフォリオ』と呼称していた部分を『モ人ポートフォリオ−応援』とする

⇒三ファンドとも独立系投信であり、大手ではない=ベンチャービジネスとして苦労をしているので『応援したい』という意識を改めて感じました。

但し、実際に資金を投じているのは運用商品としての魅力が十分にあり、今までもこれからも安心して運用資金を託していけると考えているから。つまり『応援』だけ、判官びいきで単純にベンチャーを応援!という感覚で資金を投じているのではありません。

⇒三ファンドとも銘柄を選別する「アクティブファンド」であり、市場全体に薄く広く資金を投ずるのではなく、特定の企業に資金を投じている…言ってみれば『応援』をしているんですね。


3.新規で『モ人ポートフォリオ−感謝』という部分を設ける

⇒上記の『モ人ポートフォリオ−応援』に対して、市場全体やさまざまなアセットクラス(資産)に広く薄く資金を投じます。

「日頃から、自分や家族、色々な人達の生活・人生を支えてくれているありとあらゆる資本主義経済に『感謝』を」

という感覚で。投資対象ファンドは【eMAXISバランス(8資産均等型)】を予定しています。

モ人的SNSとの付き合い方 2014年2月現在

 
今回は投資…ではなくネットリテラシー的なお話です。というかネット上での人格の整理、かな?

先日こんなエントリを更新しました。


140207_イイね

上記のとおりFacebook始めました。Facebookってちょっと変わってて「本名登録必須」なんですね。しかも顔本(直訳)というだけあって顔写真UPが奨励されてる(?)リア充生活をUP&互いに身元が確認できる者同士で共有できる、というのが売りなんでしょうね。


Facebook上は本名人格−としてコレを書いている『モ人SYO−GO』と分離させよう…と思っていたのですが、やめます。面倒なので。

なので、Facebook本名アカウントもTwitterの@mojin_syo_goもこのブログの管理人『モ人SYO−GO』も人格としては区別せずに、発信したい対象や飛距離・扱える情報の粒度だけを意識してSNSを(あくまでも)ツールとして取り扱っていこうと思います。

【業務連絡】Facebook始めました【取り急ぎ】※修正

 
二月は逃げる。それも豆と同じスピードで。モ人です。

↑久しぶりに挨拶入れてみました。

タイトルがほぼ全てを表していますね。Facebook始めました。

facebookページ
(↑写真をクリックでfacebookページに移動します)ウソついてました。スミマセン…上記をクリックしても画像が大きくなるだけでした…。

正しくはコチラ


あけましておめでとうございます 2014年

 
新年、あけましておめでとうございます。インターネット環境の乏しい田舎から帰ってまいりました。

田舎では、相場の事を忘れて…って相場自体は普段からあんまり見てないんですがのんびりしてきました。のんびりしすぎてて、家に帰ってきても生活サイクルを戻す以前の段階からアレやコレやの作業(タスク)がぎっしりつまっている始末です。

コモンズ投信の新ファンド【ザ・2020ビジョン】と【踊る!たこ焼器ファンド】に新規投資を行います


−※−※−※−

当ブログ、当エントリに『コモンズ30ファンド』関連の検索ワードによって直接ご訪問の皆様へ。
当ブログでは【コモンズ30ファンド】について、当エントリ以外にも色々なご紹介を行っています。お時間、ご興味がある方は以下のまとめも合わせてご覧いただければ幸いです。

【コモンズ30ファンド】まとめ2014年2月5日現在 【コモンズ30ファンド】まとめ2014年2月5日現在 | これが我が家の生存戦略

−※−※−※−

取り急ぎ連絡&記録の為に。

タイトルのとおり、コモンズ投信が新規設定を行う(12/16から設定時資金募集中)日本株式・アクティブファンド【ザ・2020ビジョン】に投資する事を決めました。

色々と経緯や思うところはあるんですが、そのあたりは年明けにまとめていきたいと思います。

当ブログで紹介している『モ人ポートフォリオ』にいきなり組入れるのではなく、現在セガレとムスメが『こどもトラストプラン』で積み立て投資している未成年者口座でのスポット購入を行います。

金額はセガレが満四歳なので4万円、ムスメが満一歳なので1万円。それぞれ誕生月に1万円づつのスポット購入をする手動なんちゃって積立を計画しています。

続きを読む >>

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM