【特報】モ人氏、住民税低減に成功−決め手は給与減


小学生の税に関する書写、ヤバイなあ。電子申告w小学生の税に関する書写、ヤバイなあ。電子申告w / kimurasoi

成功!!じゃねーよ。薄給ドさんぴん、モ人です。

とっても余談ですが、ウチの嫁さんはSNS(mixi)内で自分の事を「モ人氏」と呼称し続けており、嫁さんのご友人とご一緒する際にも、リアル名前をご存知の方々からも「モ人氏(読み:もじんし)」と言われます。東京に来て&子供らが生まれてめっきりそういう機会が少なくなりましたが…実はモ人というHNはブログ&Twitter歴より長く、リアルで呼ばれる事で愛着が出てきた面もあります。


ともあれ!ともあれ!!住民税の低減に成功しましたー!!おめでとー!!ありがとー!!!


…ダメぢゃないですか…給与減⇒所得減の結果、課税対象額が下がってるだけなんですねぇ…

以前、当ブログで宣言したふるさと納税、コレはH26年に納付したものなので、H27年の住民税から反映される…つまり、来年の今頃配布される住民税額の変更通知書にはさらに低減されている金額が印字されている、と。



来年の住民税は、節税というかふるさと納税(納税先を主体的に決めて、前納している、とも解釈できますね。2000円以外は)の効果が出ているので、投資ブログとして「してやったり(ニヤリ」というトコロですが…給与減…働き盛りの33歳男性が…配偶者一名、子供三名を育ててる世帯主としては情けのない限りです…


一方、こういう数字見るたびに「ハァ…(嘆息」としていたのですが、最近は

「いや、まだ借金しながら生きてるワケじゃないし、子供らにかかるお金ももう少しコントロールできるハズ」

「我が家が本当に試されるのは、子供らが大学に入るころ。それまでに、本業収入改善・低コスト生活志向・節度ある運用態度を固める。」

という風に思えてきました。老後のお金に関しては…ちょっと漠然とした危機感以上はないですねェ…〇〇万円が必要!とかはよく聞きますが、額面を鵜呑みにすると人生詰んでしまう逼塞感に襲われてしまうので。「対策はしなきゃですね」ぐらいの距離感でいます。あんまり考えすぎないのも生存戦略の一つです。

(投信ブロガーの態度としてそれはどうか?という気もしますが、30年後の脅威より10年後の脅威の方が深刻です。また、後者の対策が前者への対策を兼ねるという考えもあります。)

【聞くは一時の恥】はじめてのかくていしんこく【聞かぬは一生の恥】

 
今年は確定申告しなきゃぁな、モ人です。

実をいうとわたくし、モ人めは『投資信託をk2k2積立』だのなんだの語っておきながら確定申告をしたことがありません。

140210_書類

しかも「確定申告が必要ではない」けど「確定申告さえすれば損益通算でオトク」という年でも、「やらなきゃなー(でも忙しいし、大した額じゃないし。…ま、いっか…)」と怠慢の末の放置。いやはや、顔からベギラマがでるぐらい恥ずかしい次第です。

とはいえ。こんな事書いていると「え?(海外ETFじゃなくて)投資信託の売買でも確定申告しなきゃいけないの?」と思う方もいるかもしれないので、補足をば。単一の証券口座のみで取引をしている方で「特定口座・源泉徴収あり」を選択している方(ほとんどみなさん選択されてるのでは?)は証券口座内で課税も(課税しすぎた場合の)還付も完結します。

この場合は個人が確定申告をする必要はありません。(気になる方はご自身でご確認を!)

自分のようにいくつかの独立系運用会社に口座を開いており、かつそれぞれの口座内で確定利益がある口座と確定損失がある口座が混在している場合は確定申告をしたほうがよいでしょう。

…ちょっと上手く説明できないので、もっと知りたい人は国税庁のHPなり書籍なりをあたってください。【損益通算】で検索するとよいと思います。
続きを読む >>
1

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM