図解でわかる!資産形成に大切なこと


図解でわかる!…なんと「アレ」なひびきでしょう…最近はトンとご無沙汰になりましたが、モ人はもともとビジネス書大好きでした。そんなビジネス書のうち、特に売れた本は『図解でわかる!』という風に図画が増えたマイナーチェンジ書が刊行される事が多かったと記憶しています。今でも傾向はかわってないのかな?

(…これには『図解でわかる!』シリーズが出版される事によって新たな顧客を獲得−ひいては既刊への誘導を図る、もしくは既刊を読んでいて既に顧客になっている層に対して「なんかあたらしい事書いてるのかも」という期待のまま買わせる、というビジネス上の文脈をバシバシ感じてしまいます…)

というわけで、『図解でわかる!』シリーズです。前回のエントリは最初に『図』から浮かんだネタだったのですが、スピードを優先してテキストのみの更新としていた、という背景もあります。


>本当に大切なこと

>それは『上昇相場にそって市場に対して前のめりのリスクオン』をしないこと。

>同時に『下落相場に恐れおののいて完全に市場から撤退するリスクオフ』をしてしまわないこと。

前回、上記のように書きました。二つの要素がありますが、どちらも「しないこと・してしまわないこと」です。また、『上昇相場←→下落相場』と『リスクオン←→リスクオフ』の二軸によってマトリックス表示ができそうです。

ためしに、散布図のルール「制御できる項目(変化させる項目)を横軸に」「制御できない項目(結果を見る項目)を縦軸に」を意識して『リスクオン←→リスクオフ』を横軸、『上昇相場←→下落相場』を縦軸に取って表記してみます。

まずは、アカンヤツ二種類の描画から。


うん。アカンヤツですね。もう一言いうなら、仮に右上の『アカンヤツその一』になったとしたら、いずれ訪れる下落相場で左下の『アカンヤツその二』にクラスチェンジ⇒取りすぎていたリスクに茫然自失しながらの退場となる…そんな光景が目に浮かびます。

当然、上昇相場を味わう事なく、いきなり『アカンヤツその二』に陥る可能性もあります。どちらにせよ、『アカンヤツその二』になる、という事は「自分がとる事のできるリスクを把握できていなかった(軽視していた)」という事でしょう。

(つまり、『資産形成に大切なこと』とは『自分自身のリスク許容度の把握』に他ならないのだ!という意見もあるかと思います。それ自体は正しいと思います。

…ただ、このシリーズを通して言いたいことは「ただ単にリスク許容度(という定性的・マインドに訴えかけるモノサシ)を把握すべき!というより、下落・上昇を繰り返す市場に対してどういう態度でいるか?のほうがわかりやすいんじゃないのかな?と思った」という事です。)

資産形成に大切なこと



タイトルはアニメ『魔法遣いに大切なこと』からインスパイア受けました。とか言いながらこの作品見たことありません(酷


…と、見た事ないと言いながらもwikipedia読んでたら

>魔法が幻想でなく当たり前に存在し、一種の特殊技能として認知されている世界の現代日本。この世界では魔法能力者は国家により監理されており、規定の研修を受け「魔法士」の資格を有しなければならない事になっている。また魔法の使用に関しては魔法士を監理する『総務省魔法局』の承認を得た依頼者からの依頼に基づかなければならないなど、厳しく制限されている。

>この様な世界において、魔法を使える少女たちが様々な人々と出会い、成長していく姿を描いていく。

という概要を読んで「国家資格の話なのか!」とかえってみたくなったという…マジでいったいなんなんだ…魔法士…

魔法遣いに大切なこと DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2006-02-24)
売り上げランキング: 88,916

−※−※−※−

ハイ、ぼんやり考えていたネタの蔵出し企画です。前回の更新

>言いそびれてましたが、今月はセゾン投信さんの運用する二つのファンドの決算月なので、この二つのファンドをフィーチャーしたネタを更新していきます。

とか書いてるクセに早速の脱線です。全国にあまたいらっしゃる【セゾン資産形成の達人F】ファンの皆さまには、今しばらくお待ちいただけますよう…


−※−※−※−

さて。

『資産形成に大切なこと』と大きく打ってでたタイトルですが、『資産形成』の部分を『資産運用』と読み替えていただいてもOKです(さらにハードルを上げる)

あと、当ブログで取り扱うんですもん。『資産形成』の手段としては『国内・国外の株式・債券・その他に投資する国際分散投資』を念頭にした場合、という注意書きをいれさせてもらいます。例外として預金100%の選択肢も「貯金をする習慣」という意味では(とてつもなく偏ったポートフォリオによる)『資産形成』と認められる、といったトコロでしょうか。


大切なことは何か?

〇 ファンド選びか?ポートフォリオの選定か?

〇 いやいや、証券会社(等の取引窓口)の選択か?

〇 よく耳にする「自分自身のリスク許容度の把握」か?

etcetc

上記のどれもが、投信ブログ界隈で色々と議論のある内容かと思います。つまり、『資産形成に大切なこと』そのものなんじゃないの?そんなふうに感じる事もあります。

でもね。ホントかな?って思うんです。本当に大切なこと、なのかな?って。

いやいや、別に『大切じゃない』とまではいいません。それぞれ、おざなりにしてよい要素ではないという認識はあります。ただ、『本当に大切』か?一番大切な事なのかな??って思うんです。

努力と成果 リスクとリターン


努力!根性!努力!根性! / othree

努力した者が全て報われるとは限らん。

しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!

by 鴨川会長@はじめの一歩

心に響く、イイ言葉ですね…モ人です。

努力成功(成果)。努力をしたのなら、成功したい。成果が欲しい。コレは当然の心理だろうと思います。目的がなければ『努力』する事もない。

努力というからには、現在自分の所有している何かしらの資源(お金、時間、体力、労力)を投じて取り組んでいるモノなのでしょうし、そうであればなおさら、投じた資源に対する結果を求めるのが人間というもの。


…しかし…努力をすれば≪かならず≫報われるとは限らないのです。(当然取り組む内容や段階、努力の方法などなど考慮すべき要素はたくさんありますが、どんな時でも≪かならず≫とはいえないもの)

努力=成果

こうした一対一の対応が見込めないのであれば、最初から努力する必要がないのではないか?そんなふうに考える人もでてくるかもしれません。しかし、現実には『努力』をする人は大勢いますし、『努力』を奨励する声も多く聞かれます。

何故か?

それは、冒頭の鴨川会長の名言にあるとおり。『成功した者は皆すべからく努力して』いるから。

『努力』をしたからといって≪かならず≫報われるとは限らないけど『努力』をしなかったら成功することは≪絶対≫にない。


この関係、実は投資における『リスク』『リターン』に似てると思うんです。

(厳密にいうと成果は利益だろうが、損失だろうがすべて『リターン』と呼称するのですが、ココでは利益を『リターン』とさせてください)

当ブログで取り上げているような金融商品は日々単価が変化する『リスク』があります。また、変化する原因も金融商品(ファンド)毎に色々な要素があり、為替リスクがあるのか、株式リスクがあるのか、市場リスクがあるのか、etcetc…。

『リスク』というのが未来に対して不確実な度合いの事を指す、というのは投資に触れた事のある方には理解される事だと思うのですが、そうではない方々からすると『リスク』というのは『損をする危険性』というふうに結びついてしまいがちです。

しかし、利益=『リターン』が欲しいのならば、『リスク』をとらざるを得ません。何故なら『リスク』とは危険性ではなく、未来に対する不確実な度合いなのだから。未来に対して確実=現状の延長線上にとらえられるのなら、そこから利益=『リターン』が生み出されることはあり得ません。


とはいえ。モ人自身も「何がなんでもリスクテイクすべき」という事が言いたいワケではありません。『リターン』なんていらないから『リスク』もとらない、というのも個人個人の選択としてアリでしょう。ただし、そういう選択をするのなら「株価だけがあがったが庶民には影響が出ていない」というようなトンチキなTV屋の言葉の尻馬にのっかって騒ぎ立てるようなみっともないマネだけはしてほしくないなぁと思うんです。特に『この眼にとまる範囲の人』には。

ノーリスクで年利12%の投資をしたったワ!ガーハッハッハ!!


スーパー煽りタイトル、モ人です。といってもワインだの新興国不動産だのに手を出したわけではありません。順を追ってお話しましょう…

−※−※−※−


この『ポピー』、セガレが幼稚園でサンプルをもらって帰ってきました。サンプルにとりかかると、なんと「こりゃ楽しい!」「もっともっとやりたい!」とチョーノリノリ。

今まで、KUMONの「はじめてのめいろ」とか「やさしいめいろ」を買って一緒にしていた時期がありますが、第三子出産と前後してやめてしまっていました。と、いうのもこの手の教材を長男がやっていると「なんだかよくわかんないけど楽しそう!」という雰囲気を察知したムスメやルーキーちゃんが殺到し、グチャグチャにしたり邪魔したりと大混乱。

はじめてのめいろ―2・3・4歳 (1集) (うんぴつ (4))

くもん出版
売り上げランキング: 270,489

やはりデコイ(囮)として親が他の子の注意をひきつけたり「にいちゃん、頑張ってるんだから応援しようね」という声かけなどが必要になってきます。また、セガレがいっぺんに怒涛のページ数を攻略する日もあれば、興味を全く示さない日もあり…

こうして制約が多くなってくると、セガレの方も「やりたい時にできないのならイイや」という態度に。思い出した時にはやるが普段はムスメと二人でおままごと(含むヒーロー&電車ごっこ)をする方が優先となってしまっていました。


そんなセガレが、「コレ、面白い!」「やりたーい」と持ってきた『ポピー』。家庭教師もやっていて『教育』について並々ならぬ関心を寄せる嫁さん(※教育ママというのとは違う気がしますが…)も

「親が子供と一緒になって取り組む事が前提の教材」

「解説も親がする。教え方がわからない場合、サポートに連絡・相談する仕組みも充実している」

という辺りが心の琴線にヒットした模様。普段消費に関して慎重めな嫁さんから、珍しくGOサインが出ました。


さて、お金の取り扱い自体は基本的にモ人の仕事です。支払方法は…どれどれ、振込み・口座引き落とし・クレジットカード…か。クレカだとSBIポイント経由で1.2%の現金が帰ってくるな…ふむ?クレカは毎月払いにのみ設定可能?

毎月払い?という事はまとめ払いもあるのか。なになに、一年払いだと5%オフ?…だったらクレカの1.2%よりまとめ払いの5%オフを取るぜ!!

こうして

980 円 × 12 ヶ月 = 11760 円

の5%である590円の節約ができたのでした…めでたしめでたsってちょっと待った!!

節約じゃないでしょ。投資でしょ。コレは。なぜなら


で書いたとおり「年払いで安くしあげた」という考えをするのではなく「サービスを受ける時は定価だと考え、先払いしたお金が定価分のサービスとして『リターン』を上げている」という考えをすべきなんですね。

≪閑話休題≫『定性』と『定量』と つれづれ


ある意味連作です。前回は


をご覧ください。

といっても、当ブログでも当ブログでなくても、耳にする機会の多いであろう『定性』『定量』。当ブログ−ひいてはモ人的にこのコトバをどうとらえているか?を整理しておきます。

上記エントリの末尾が

次回は【ひふみ投信】の運用方法に関してチェックしていきます。

と書いてますけど、まだですか?という声もあろうかと思います。実際上記タイトルでブログ記事を書き進めていたのですが、その途中で「『定性』『定量』ってコトバを整理しておいたほうがよいな」と思いいたったので、こうして書いておきます。


『定性』

Wikipediaさんより引用します。


>定性的研究(ていせいてきけんきゅう、英: qualitative research、質的調査)は、対象の質的な側面に注目した研究。そこで扱われるデータは定性データと呼ばれる。対象の量的な側面に注目した定量的研究と対を成す概念である。

(なんで『定性的研究』?と思うでしょうね。『定性』だけだと文法用語がひっかかってしまうのです。)

『定性』とは対象の質的な側面…『質』と『量』(実際は『質』より『量』のような表現が多いですが)という言葉もあるように、『量』で表せられない概念の事ですね。ココで重要なのは

>定量的研究と対を成す概念である。

という部分。つまり、『定性』を理解する事は『定量』を理解する事につながる、という風にも言えます。


『定量』

上記と同じくWikipediaさんより。


>定量的研究(ていりょうてきけんきゅう、英: quantitative research)は、対象の量的な側面に注目し、数値を用いた記述、分析を伴う研究。対象の質的側面に注目した定性的研究の対概念である。

『定量』とは対象の量的な側面に注目する事。ロジカルシンキングや、ベンサムの功利主義にも用いられますね。(いきなりベンサムとか言い出してスミマセン…)

功利主義では「最大多数個人の最大幸福」の幸福度を計測する為に『効用』というモノサシを提唱しています。功利主義自体はこれ以上は込み入った話になりそうですし、こんな場末の投信ブログでやいのやいの語る類のお話ではないと思いますので割愛させてください。

くわしく知りたい方は以下の書籍なんかが入門書として有名だと思います。自分も読みました。

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
マイケル サンデル
早川書房
売り上げランキング: 1,308

(めっちゃ有名だから今更個別の書評を書くまでもないですね。知ってる人、興味を持ちそうな人は既に読んでいるでしょう。)


『定性』と『定量』と。

上記の通り、「何かを評価する際に、どちらの考えを基にアプローチするか?」という考え方、ものごとの捉え方の態度の違いだといえます。

利益確定したくなる心理について徒然 2014年6月


徒然(つれづれ)と書いておけば、まとまった内容でなくても書いてよいような気がしてきた今日このごろ。
(↑アカンやつや…)

本日のお題は「利益確定」。特にファンド内売買による利益確定のお話ではなく、我々個人投資家が「ファンドそのものを」売却して「利益確定」をしたくなる心理について、大変興味深いブログエントリを拝見したのでつれづれ書いてみます。


相互リンク先のShimoさんの上記ブログエントリは要約すると以下のとおり

〇 相場下落時に買う事はドルコスト平均法のようにシステム化した買付と「評価損に耐える」メンタルで対応できた。

〇 相場急騰時には一転、含み益が膨れ上がる事によって「今、利益確定をしなければ下落相場が到来した時に後悔してしまうのではないか??」という不安が大きくなる。

〇 利益確定すると、良い事と悪い事がある。

良い事⇒上記のような心理プレッシャーからの解放

悪い事⇒1.利益確定による税金支払い。(利益確定しなかった場合は課税が繰り延べられる。)

      2.現金を相場に再投入するタイミングを掴むのが難しくなる。(すぐに暴落がくればよいが…)



なるほど。「利益確定」つまり売却の判断はなるほど難しい。自分もこの春にポートフォリオの見直しの為に売却を行いましたが、やはり課税されるのは気持ちのよいモノではありません。(といっても自分の場合はFPのFさん(仮)提案ポートフォリオによる確定損があるので、来年の確定申告で取り戻せる範囲なのですが)

【投資】という言葉に換わる新語を考えてみた


注意!

本日の更新は、「そりゃおまえ、該当ブログエントリのコメント欄にしろよ」といわんばかりの読者不在エントリになります。あらかじめご了承ください。

…というか、最初はコメント欄に入力してたんだけど、引用だのなんだのしようとすると長文になるし、「コレ、自ブログに書いてTB(トラックバック)飛ばしたほうがよくね?」という考えが湧きあがってきたのでそうします。そういうエントリです。

 
−※−※−※−

とはいえ、いくら読者不在とはいえ自ブログのエントリとしてしたためるからには、どんな文脈(コンテキスト)が背景にあるのかは説明をしておく必要がありますね。

まずは先月中旬…5/23の日経平均大暴落から続く日本株式市場の株価乱高下はみなさんご存知のことだと思います。オイラや当ブログの、この市場に対する向き合い方は先日制御不能な現実も チャンスはある見逃すな 制御不能な現実も チャンスはある見逃すな | これが我が家の生存戦略にて表明した通りです。

しかし、連日の乱高下やそれを大きく取り上げるマスメディア…そして、それを見た「いわゆる投資という行為をこころよく思ってない人達」からの罵声、ヤジ、後ろ指さしetcetc…そんな負の感情が渦巻くWeb界隈…

この残念な状況を、rennyさんが取り上げています。


また、別の観点からアベノミクスという言葉を取り巻く状況をおやじダンサーさんが俯瞰して言及されています。



制御不能な現実も チャンスはある見逃すな


※注意!本日の更新は「日本株式市場の暴落について」長期国際分散投資派として、相場に向き合うマインドの方面から書いた内容です。が、『仮面ライダーOOO(ゼロを三つ書いてオーズと読みます)』のネタなので、そういう方面から投資をとらえる事にたいして、特に抵抗のない方のみご覧ください。


あ、ついでに長期国際分散投資派ってなんぞ?インデックス投資家と違うの?と思われた方は以下の過去エントリをご覧ください。


 
タイトルは『仮面ライダーOOO』の中で流れるプトティラコンボ用戦闘挿入歌『Power to tearer』のサビより引用しました。


『仮面ライダーOOO』は当ブログでもちょうど一年前ごろ取り上げています。




…今にして読み返すと、なんとまぁ恥ずかしい内容&構成ですね…いや、いいんですけど。書いたの自分なんだし。


最初に「プトティラコンボ用」という意味不明言語を書いていますが、仮面ライダーOOOの(TV放映版での)最強形態…ざっくりいってしまうと「いっちばん強い格好をした仮面ライダー」であるプトティラコンボのテーマソングなのです。

「投資における最大のリスクは、自分が何に投資をしているかが分からないことである」


−※−※−※−

当ブログ、当エントリに『鎌倉投信』【結い2101】関連の検索ワードによって直接ご訪問の皆様へ。

当ブログでは【結い2101】について、当エントリ以外にも色々なご紹介を行っています。お時間、ご興味のある方は、以下のまとめも合わせてご覧いただけると幸いです。


−※−※−※−

※ 今回のエントリは先月末に更新した【見苦しい】当ブログで結い2101に感じている魅力を書けなかった理由【言い訳】 【見苦しい】当ブログで結い2101に感じている魅力を書けなかった理由【言い訳】 | これが我が家の生存戦略の続編である「【結い2101】に感じている魅力について〜想い編〜」というエントリの前フリです。…というか、そのエントリの下書きがアホほど長くなってしまったので、分割できそうな部分を独立させてみました。

「投資における最大のリスクは、自分が何に投資をしているかが分からないことである」

突然ですが、鎌倉投信 鎌倉投信の鎌田社長が度々述べている(=大切にしている)言葉です。どういう事なんでしょうか?まずは鎌倉投信がいう「自分が何に投資しているか」わかるとはどういう事なのかを確認していきましょう。


−−鎌倉投信の場合−−

鎌倉投信の運用・販売している【結い2101】が投資している企業は2013年4月末現在で41社。投資基準などは「【結い2101】に感じている魅力について〜想い編〜」で詳しく述べますが、鎌倉投信では自社で設定する「組み入れ開示基準」に達した企業について、全て開示しています。

これらの「いい会社」について、鎌倉投信HPではトップページに紹介されています。また、毎月発行される運用レポート「結いだより」 鎌倉投信について│鎌倉投信でも、やはり1面トップで「いい会社」紹介のページを目にします。鎌倉投信の「いい会社」を知ってほしい、理解してほしいという姿勢が伝わってきます。

−−−−−−

【インデックス投資】に感じている魅力について


先日アップしたとおり、1/12お台場にて【インデックス投資ナイト】というイベントに参加してきた、というお話はコチラに書いた通りです。しかし【インデックス投資】という単語について、当ブログでは特別説明を行っていませんでした。

【インデックス投資】とは?…をゼロから説明しようとすると大変なコトになってしまうので(笑)ココでは「わたくしモ人が特に魅力を感じている要素」にフォーカスして説明させてください。(今まで【インデックス投資】というコトバを知らなかったが、当エントリをきっかけにしてさらに知りたい!と思った方はインデックス投資の具体的方法8ステップ梅屋敷商店街のランダムウォーカーを読んだり、パッシブ投資(インデックス投資)を始める為にお勧めの三冊〜入門編〜吊られた男の投資ブログで紹介されている最近の入門者向け教科書などを読む事をおススメします。)

今回は箇条書きスタイルでいかせてもらいますね。
続きを読む >>

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM