読書感想文 人生の法則「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人


タイトルからは想像できない良書です。

人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人 電子版
株式会社ロケット (2013-11-20)
売り上げランキング: 6,289

kindle日替わりセールで安かったので、特に期待せず買ってました。購入履歴を遡ると…なんと3月30日!前年度やん…自分…

半年以上の時を経て、ようやっと読んだのには実は理由があります。(ちなみに、これ以前に買った本でも一ページもめくってない『積み本』はまだまだ十冊以上あります…安いからって買いすぎやん…)

実は、やっぱりkindle日替わりセール品ですが岡田斗司夫さんと内田樹さんの対談本をおススメしているTweetを拝見し、「この人のオススメは(オレにとって)間違いがないからな」と購入しました。




その後、めぐり合わせがよく、(自分にしては)早めに「評価と贈与の経済学」を読むタイミングが来たので読んでみました。実際、「へーなるほどねー」と思う部分が多かった良書でした。ただ、モ人自身、対談本という形式自体になじみがなく、うまく紹介できそうになかったので当ブログで紹介するのはとどめた次第です。

しかし、ここで「そういえば岡田斗司夫さんの本、まだ他にも買ってた(積んでた)よな」と思い出した&アオイホノオ(深夜ドラマ)効果でちょっと岡田斗司夫成分(?)を接種したくなって端末内をさかのぼって、本書を発見。読んでみました。

アオイホノオ Blu-ray BOX(5枚組)
東宝 (2014-11-19)
売り上げランキング: 255

(アオイホノオ効果でいうと「トップをねらえ!」(今回は1)とか「王立宇宙軍オネアミスの翼」とかも見かえしたくなりますね。)


正直なハナシをすると…タイトルからして「人間を4タイプにカテゴライズしてあるある並べ立てておしまいの軽い感じの本じゃないの?」と侮っていました(岡田さんゴメンなさい!)

4つのタイプ−『司令型』『注目型』『法則型』『理想型』というのは、看板を掛けかえただけで、他の書籍で『軍人タイプ』『王様タイプ』『学者タイプ』『求道者タイプ』というタイプ分けをしているものと対応しているんじゃないの?なんて身構えていました。

しかし、意外や意外。序盤こそそういった雰囲気があるものの、しっかりと「何故四つのタイプに分類できるのか?」「何が原因でわかれるのか?」「どういった組み合わせが、どういう状況に対して有利/不利なのか?」などなど結構実践的かつ原理的な内容に踏み込んでいます。また、終盤にはもっと踏み込んだ内容も…おっとコレ以上はネタバレですね。

<要約>

筆者−岡田斗司夫さんが大阪芸術大学で講義をしている中でも一番人気のテーマである「タイプ分けによる人間関係論」。これを書籍の形にしたのが本書となります。

本文の一番最初に診断テストがあります。原則として二択の問題(どうしても決められないなら「どちらかというと〜」という弱い選択肢あり。それでもホントに決められない「どちらともいえない」を含むと五択問題ですが…おそらくご本人は二択でやってほしいと思うので、ココではそれに準じます)を約40問答えるというもの。

面倒ですが、ココは紙を用意して自分の答えをメモしながら取り組んだほうがよいと思います。


続く本文は【小説パート】と【解説パート】の交互に展開されます。

【小説パート】ではある進学校の某文化部にかかわる生徒・顧問同士の触れ合い、取り組みに関して「タイプ分け」という視点から描写されます。

(超余談ですが、モ人はもう15年以上昔の現役高校生時代、この某文化部に片足を突っ込んでいました。もう片足は首まで突っ込んでいたのに「オレは正式に入部してないから!」とずっと言い続けていました…)

【解説パート】では小説の登場人物たちの様子や心の動き、他の人とのふれあいの解説もさることながら実際におきたタイプが異なる人間同士のいさかいや、その顛末を紹介しています。

また、単純に『司令型のアヤノの物語の後だから司令型について』という対応にとどまらず、司令型の得意とする状況、相手、苦手だったり憧れたりするタイプの解説やその原因なども挟んできます。飽きのこない構成です。


そして、四つのタイプそれぞれの【小説パート】【解説パート】が終わって…まとめの【小説パート】と【解説パート】には単純に人間関係の補助線という道具だと思っていた「タイプ分け」を通して意外に壮大なテーマ、大胆な仮説が展開されます。


<引用>

印象に残った点はいくつもありますが、冒頭の『ツカミ』として秀逸だったくだりをご紹介。

>ここから私は、本格的な解説をします。

>それぞれのタイプの特徴、どのタイプがどのタイプに惚れやすいか、フラれやすいか。
>ケンカした友達の仲直り法や、部活で言うことを聞かない後輩をどう扱うか。会社に勤めるようになったら、性格の合わない上司とどう付き合うか。
>話はどんどん広がります。

>最終的には、小説やマンガ、アニメなどの創作にどう生かすか、という話に発展していきます。

>その中で、私はみんなと「アンパンマンの歌」を歌います。
>正しくは「アンパンマンのマーチ」(やなせたかし作詞)、こんな歌です。

>なにが君の しあわせ
>なにをして よろこぶ
>わからないまま おわる
>そんなのは いやだ!

>とても深い歌詞だと思いませんか?

>私たちはそれぞれが違う。だから「何が幸せ」「何に喜ぶ」のか全部違う。
>でも、教室に分かれた4タイプは、なぜかそれが共通しています。
>なぜなんでしょう?

読書感想文『投資家が「お金」よりも大切にしていること』


−※−※−※−

【ひふみ投信】【ひふみプラス】関連キーワード検索で当ブログにお越しの皆様へ

当ブログでは、今エントリ以外にも【ひふみ投信】【ひふみプラス】関連エントリをしたためております。


お時間、ご興味のある方は弊エントリと合わせて、上記まとめエントリもご覧いただければ幸いです。

−※−※−※−

【ひふみ投信】といえばこの方、最高投資責任者(CIO)の藤野英人さんの書籍の読書感想文です。【ひふみ投信】強化月間(!)のトリはこの本の感想文で締めましょう。

といっても、この本自体は2013年2月出版の書籍。興味のある人は既に読んでいるかもしれません。しかし、今月は【ひふみ投信】について書く!と決めたので、この本と、もう一冊同時期に発売した書籍のご紹介を一緒に記しておきましょう。どちらも【ひふみ投信】の運用・ありかたを考えるのに必要な書籍ですので。

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)
藤野 英人
講談社
売り上げランキング: 1,722

≪要約≫

「お金」。現代社会において、生きていくうえで必要不可欠なモノ。一方で、この「お金」について踏み込んで考える機会や適切な付き合い方を学ぶ機会に恵まれにくい昨今。このように投資ブログを書いている自分ではありますが、投資を始めるまで…いや、始めたからといっても「お金」というモノについて、『真面目に』考える機会が突然得られた!という事でもありません。

この本では著者である藤野さんが「お金」というモノを『真面目に』考えた、というモノ。そして、『真面目』(まじめ)の意味、その言葉の成り立ちに深く切込みます。

この本を読み終えた時、「お金」そのものの意味や、自分は「お金」とどう向き合いたいか?という疑問が湧くのではないでしょうか?

≪引用≫

いくつも印象に残っている箇所はあるのですが、一点だけ。

>私はここまでで「お金、お金」と連呼していますが、お金という生き物がいるわけではありません。あたりまえですよね。


>そして、紙幣や硬貨がお金なのでもありません。紙幣は紙切れですし、硬貨はただの亜鉛や銅やニッケルです。150円でペットボトルのお茶を買うことはできても、100円玉と50円玉でのどの渇きを潤すことはできません。

>お金とは、あくまで無色透明な概念にすぎない。ただの数字なのです。

>つまり何が言いたいかというと、色がついていないからこそ、お金には私たちの考えや態度が100%反映される、ということです。


>・お金を使って、何をするか?

>・お金を通して、何を考えるか?


>現代社会で生きている私たちは、生まれてから死ぬまでの間ずっと、お金の流れに身を投じて生きていると言っても過言ではないでしょう。お金を考えることは、まさに人生を考えることに他ならないわけです。

>つまり、お金について語ることは、どう生きるべきかという「人生の哲学」を語ることでもあります。

>私たちは、人生のあり方をお金に投影しているのです。


読書感想文 『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』


モ人的『2013年に読んだ本の中で一番おもしろかった本』です。それを2014年も2/3も終了した後にブログに書くあたりがサイコーにロック。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
戸部 良一 寺本 義也 鎌田 伸一 杉之尾 孝生 村井 友秀 野中 郁次郎
中央公論社
売り上げランキング: 314

≪要約≫

この本は、タイトルにあるように「日本軍の組織論的研究」を論じたものです。そして、その組織論を展開する為の題材として第二次世界大戦において、日本軍が意義ある敗北を喫した以下の六つの戦闘について検証を行っています。

・ノモンハン事件

・ミッドウェー作戦

・ガダルカナル作戦

・インパール作戦

・レイテ海戦

・沖縄戦

(正確にいうと『ノモンハン事件』は第二次世界大戦以前ではありますが…その予兆はすでにあった、という事で取り上げているとのこと)

また、これらの検証の末に共通する事例、日本軍という官僚的・合理的であるべき組織において非合理的な哲学、風土が根付いた原因などにも深く切り込んでいます。

読書感想文『僕だけがいない街』(2014年7月現在 既刊1〜4巻まで)


モ人的おおあたりのタイムパラドックス(ループ)×サスペンスマンガ『僕だけがいない街』のご紹介です。


<注意>

あいかわらず投資と関係ありません。ご興味のある方のみご覧ください

</注意>

事のきっかけは以下のまとめ記事


なんと、著者の三部けい先生は我らが荒木飛呂彦先生のチーフアシスタントとして名作『JOJOの奇妙な冒険』の第二部【戦闘潮流】から第五部【黄金の風】のアタマまで活躍されたそうです。

その縁もあっての推薦文との事ですが…ホントは「四部を手伝ってくれて〜」の部分を三部先生側からお願いして「三部を手伝ってくれて〜」に変更してもらったとのこと(かけコトバですね(笑))

しかし、『僕だけがいない街』自体は『JOJOの奇妙な冒険』の第四部−特に吉良吉影のあやつるスタンド≪キラークイーン:第三の爆弾−バイツァダスト≫のくだりが好きな方にはタマラナイ内容となっています。

−※−※−※−

2006年

千葉に住む28歳マンガ家の主人公−藤沼悟。バイトをしながら作品を出版社に持ち込む生活を続けていた彼は、他の人はない<ある現象>を体験していた。

<リバイバル(再上映)>

彼自身の意思とは関係なく起こる時間逆行現象。彼自身がそれまでと異なる行動をとる事−『未来を変える事』をしない限りいつまでも繰り返す時間逆行現象。

この現象が意味する事とは?そして…

−※−※−※−

タイムパラドックスモノ好きにお送りするマニアック映画『サマータイムマシンブルース』のお話


<注意>

投資と関係ない雑談です。ご興味のある方のみご覧ください。

</注意>

相互リンク先「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」にて「投資と関係ない」けどモ人的に興味深いエントリが!


おお!「夏への扉」!ハインライン先生といえば『宇宙の戦士』が取り上げられがちですが、こっちも有名ですね(といいつつモ人はどっちも未読な、未熟者です。今読んでる『天地明察』読み終えたら探してみようかな?)


さて、水瀬さんがタイムトラベルものが大好き、という事なので不肖モ人めも「マニアックな」タイムトラベルものをおススメしてみましょう。

(メジャーなおススメとしては『ドラえもん:のび太のパラレル西遊記』を、超マニアックなおススメとしては『仮面ライダー電王』を予定していました。

ですが、『ドラえもん:のび太のパラレル西遊記』はメジャーすぎて今更。

『仮面ライダー電王』は自分が好き過ぎてチラシの裏になる&『【時間】とは【その時代を生きた人々の記憶】なんだ』という解釈が素晴らしい一方で、タイムパラドックスものとしてのギミックはあまり面白くないものばかりなので、やめておきます。1話25分×49話=20時間オーバーの作品を「おススメです!」っていうのもどうかしてますし。)



監督は『踊る!大捜査線』シリーズの本広克行さん。当ブログで以前紹介した『PSYCHO-PASS』の総監督も勤めておられます。



主演は我らが高島平が誇る映画俳優−瑛太さん。ヒロイン(?)はのだめカンタービレとはまた違った魅力を発する上野樹里さん。その他、ヒロインの友人の素敵メガネ女子を演じるのが真木よう子さんだったりと2005年制作当時からキラリと光る逸材が集まった作品です。

とっても余談ですが。この映画は本広監督の『UDON』『曲がれ!スプーン』と世界観を共有しており、何人かのキャストはまったく同じ人物だったりエキストラだったりで出演(友情出演含む)しています。…あ、いやしているようです…(『曲がれ!スプーン』見てない…レンタルしなきゃ…)

あ、あと投資ブログらしい余談も。この映画の中で「タイムマシーンを使うきっかけ」を作った(やらかした)キーパーソン、曽我淳役の永野宗典さんはドラマ「闇金ウシジマ君Season 2」にて債務者:宇津井優一役として、一級の「ダメ男」役を快演なさっていました。あまりにも風貌が変わっていたので、最初はわからなかったぐらいです。

闇金ウシジマくん Season2 Blu-ray BOX
SDP (2014-04-02)
売り上げランキング: 19,245


さて、前置きが長くなりすぎてしまいました。


この「サマータイムマシン・ブルース」という映画、タイトルからわかる通り、「夏が舞台」「タイムマシンが出てくる」作品です。ロケ地は本広監督の出生地、香川県。某大学と近くの商店街、お寺を中心に「生活している場所」から一切抜け出さない狭い範囲で物語が進みます。

また、狭いのは舞台だけではありません。この作品では、せっかくタイムマシンを手に入れた主人公・SF研の連中ときたら、「昨日」「今日」をグルグルと行ったり来たりし続けています。アホです。しかも、その動機が大変にくだらない。くだらなすぎて書く気も出ないので、みなさんの目でご確認を。

読書感想文 『うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ』



うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ
平康 慶浩
東洋経済新報社
売り上げランキング: 17,517

モ人の年収が300万円かどうかはご想像にお任せします。(予防線)

≪要約≫

冒頭にある10個の設問に対してYes or Noでの回答を行い、Yesの数によって読者が勤めている会社を四つに分類します。

(ネタバレをすると10個のうち5個づつ二つの要素を判定する設問になってます。片方のYesが多いと『ブラック型企業』もう片方のYesが多いと『業績悪化型企業』どちらも相応に多ければ『二重苦企業』。幸い、どちらも少ない−Yesの数自体が少ないのなら『普通の企業』)

それぞれの分類に従って、今後、もらえる給与が増えていく可能性が低い理由を論じていきます。同時に、今までの社会ではだんだんと上がっていくのが普通だった給与のメカニズムと実態、現在では通用しない理由などなど…


全体的な世相、経営者視点での『人件費』としての給与などなどの概論に対して、補完するように「四分類企業別」「業種・職種別」の『それでも給与を増やす方法』もかかれています。

また、上記の対策を駆使してもどうしようもない人向けの「最後の手段」として『転職』に関するアドバイスも書かれています。

読書感想文『ジオン軍の失敗』


本日のネタは新書『ジオン軍の失敗』


アフタヌーン新書 006 ジオン軍の失敗
岡嶋 裕史
講談社
売り上げランキング: 346,755


アフターヌーン新書という大変マニアックなシリーズから2009年5月に出版された本です。

あ、先に書いとかなきゃですね。

≪注意≫

このエントリは「長期投資」「投資信託」と直接関係はありません。ただし、「株式投資」を通じて企業に出資する際に重要な視点となる「将来性」と強く関係のある『新製品開発』などの要素について論じた書籍の紹介を行います。

TVアニメ『機動戦士ガンダム』の内容を軸に論を展開する書籍のご紹介なので、お時間・ご興味のある方のみご覧ください。


≪/注意≫

また、本日の更新は


を参考にして書評を書いてみます。


<要約>

機動戦士ガンダム作中で主人公の所属(?違う気がするけど気にしない!)する『地球連邦政府』と敵対する組織『ジオン公国』。作品の中で「一年戦争」という戦役を通じ、『ジオン公国』は敗退します。


国力比『地球連邦政府』:『ジオン公国』=30:1と絶望的状況下での『ジオン公国』の独立宣言・宣戦布告を決断させたのは、全高18mにもおよぶ人型の機動兵器−モビルスーツ:ザクの実用化と、レーダー・通信機器を混乱させる特性をもつ『ミノフスキー粒子』の発見⇒従来のレーダーに頼った宇宙戦闘機同士の戦闘の無効化という「二大テクノロジーによる相互作用のいち早い運用」でした。

しかし、緒戦での圧倒的戦果(コロニー落としによる地球人類の半数の虐殺)を背景に終戦協定に臨むも、捕虜としてとらえていた『地球連邦軍』のレビル将軍の脱走、「ジオンに兵なし」という告発により終戦協定は破談。

『ジオン公国』はこの後、モビルスーツ開発・運用に取り組みますが、国力差や『地球連邦軍』も開発・投入を開始したモビルスーツとの戦闘−つまり、戦闘状況の変化などの要因、加えて『ジオン公国』内部の権力闘争の末、開戦からほぼ一年で休戦協定が締結します。(ほぼ、全面降伏の条件でした)


フィクションでありながらも

〇 とあるテクノロジーによって戦争のパラダイムが変化した事。

〇 変化したパラダイムに対応する為に新製品を開発しつづけた事。

〇 結果として全体としても、個々の事例としても失敗を重ねた事。

などなど、「失敗」の実例(?)の宝庫である『ジオン軍』のモビルスーツ開発史。

本書は、新製品開発に従事、もしくは関心を寄せる大多数の理系男子にとって心のモノアイ『グポォゥン』と火が灯る(ともる)事ウケアイです!!

読書感想文 評価経済社会・電子版プラス[Kindle版]


連作です。前回は以下のリンクからどうぞ。



評価経済社会・電子版プラス
株式会社ロケット (2013-07-11)
売り上げランキング: 2,624

 
まずは、Amazonの説明と目次からの引用です。

>Amazon Kindle にて先行配信!
電子書籍版特典として、経済週刊誌のインタビュー記事をノーカットで収録しました。


「アベノミクス」の次は「オカダノミクス」!?
僕たちの世界は、もうすでに「お金」の時代から「評価」の時代に移行し始めている?

ネット上で賛否両論、議論を巻き起こした「評価経済」の原点が今ココに。


Twitterのフォロワーが100万人いる人が1億円かせぐのは簡単だが、1億円持っていてもフォロワーを100万人にするのは難しい。

大変化の時代をやさしく強く生き抜くための社会と人生の解説書!

【目次】
まえがき
第1章 貨幣経済社会の終焉

第2章 パラダイムシフトの時代
第3章 評価経済社会とは何か?
第4章 幸福の新しいかたち
第5章 新世界への勇気

新版への付録 クラウド・アイデンティティー問題
電子版おまけ 「日本は“評価経済”の高度成長期に入った」


今にして思うと書いている内容もいくらか実例やたとえ話は初めて聞くものもありますが、結論やこれから起こるであろう事というのは他のトコロでもよく聞く内容でした。

読書感想文 評価経済社会・電子版プラス [Kindle版]…の前フリ


もはや日課になってしまったAmazonでの[kindle本日替わりセール品]チェック。3/19のセール品だった岡田斗司夫さんの本が面白かったのでご紹介します。

評価経済社会・電子版プラス
株式会社ロケット (2013-07-11)
売り上げランキング: 2,624


岡田斗司夫さんといえばアニメ制作会社『ガイナックス』の初代社長取締役。「オタキング」を自称(?)していました。が、過去にこんな新書を出して「オタクって人物像・くくりは既に意味ないよね」なんて宣言もしてました。

オタクはすでに死んでいる (新潮新書)
岡田 斗司夫
新潮社
売り上げランキング: 152,235


また、恰幅のよいたたずまいが印象的だった岡田さん。ご本人は「サブカルチャーに詳しいインテリ派」のつもりだったのにみんなが風貌(デブ)にしか反応しない事に衝撃をうけて、ゆる〜いダイエットを敢行、見事に「レコーディングダイエット」というメソッドを開発して、新書に記しています。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)
岡田 斗司夫
新潮社
売り上げランキング: 3,939

まだ読んでいませんが、いくつか追加のおまけがついた電子版も出ているようです。最近食べ過ぎてる自覚があるから、もう一度読もうかな…

いつまでもデブと思うなよ・電子版プラス
株式会社ロケット (2013-08-28)
売り上げランキング: 660


なんか気が付けば本の紹介というより、「オレ的岡田斗司夫論」の様相を呈してきた今エントリですが、この勢いで過去に読んで面白かった本をもう一冊だけご紹介。

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)
岡田 斗司夫
筑摩書房
売り上げランキング: 42,558

コレなんか世界征服をたくらむ人物を【魔王型】【独裁者型】【人類の管理人さん型】【黒幕型】という四つのタイプにわけて、それぞれどんな思考・目的をもって世界征服を行おうとするか?そこにはどんな苦労が?などなど、マンガ・アニメ・特撮あるあるが多くていちいち笑えました。オチもなかなかおもむき深く、「お、おう…世界征服って…マジで大変なんだな…」とうならされる内容です。

読書感想文 小説・震災後(二回目)

二日連続で3.11ネタ&実質的に過去ログの焼き直しです。くどいようで恐縮ですが、今日まではおつきあいください。

Takanawadai Elementary school 高輪台小学校32Takanawadai Elementary school 高輪台小学校32 / scarletgreen

下記のエントリを書いた当時、自分はまだまだ未熟でした。ブログのPVも最近1日分の3割程度=当時の一か月分でした。今なら、また改めて書くだけの意味があるんじゃないか?そんな風に思えたので焼き直し(苦笑)書評です。

夏の読書感想文2 小説・震災後 夏の読書感想文2 小説・震災後 | これが我が家の生存戦略

−※−※−※−

小説・震災後 (小学館文庫)
福井 晴敏
小学館 (2012-03-06)
売り上げランキング: 150,126
あらすじ(出版社である小学館のサイトより引用)

>3月11日以前と以後で、世界は一変した。この圧倒的な現実を前にして、小説に何ができるのか。『亡国のイージス』の人気作家・福井晴敏氏が、はじめて「現実」に挑んだ『週刊ポスト』連載作品である。

>東京に住む平穏な家族を、あの震災が襲った。エコ担当社員の主人公・野田圭介は、3.11以後、元防衛庁職員の父の不穏な様子や、ネットにはまる中学生の息子の心境の変化に戸惑い、翻弄されていく。大震災と原発事故に見舞われたこの国で、彼は家族の危機を乗り越えることができるのか。


当ブログでは何度も取り上げている「作家・福井晴敏」さんの作品です。例えば、去年のエイプリルフールには「信じる」という事を「機動戦士・ガンダムUC(ユニコーン)」を引き合いにして記しています。


(エイプリルフールの気の利いたウソを思いつけなかったから…なんてことは気付かないフリでいてください…)


この作品は週刊ポストに連載していた作品なのですが、「リアルタイムフィクション」というふれこみで

現実に起きている事象をリアルタイムで取りこみ、作品を仕上げていく

という手法を取っています。


何故、わざわざ3月11日にこの作品の事を紹介するか?というと、作品中盤に主人公・野田の一家が被災地に入ってボランティアをするシーンを思い出したからなんですね。
続きを読む >>

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM