2013年8月 ひふみアカデミーに初参加してきました


タイトルの通り、『ひふみアカデミー』に初参加してきました。

そもそも『ひふみアカデミー』とはなんぞや?という方もおられるかもしれないので、【ひふみ投信】を運用・販売しているレオス・キャピタルワークス公式サイトより簡単に説明をば。

>

月2回発行されるひふみ投信の運用レポートに添って、 ひふみ投信の運用責任者自らがどのような視点で経済・株式相場を捉え、 運用を行っているかなどについてお話しいたします。

毎回、Ustreamで動画配信いたしますので、会場に足を運べないというお客様にもご覧いただけます。

簡単にいうと『月次ペースの運用報告会』ですね。Ustreamでの配信もあります。

今までは「参加したいな〜」と思いながらも、家族優先(たまーに仕事優先)で参加できずじまいでした。が!今月は違います!!


にも書いた通り、(いつもに比べると短い期間なのですが…)今週はおひとり様の自由ってヤツを堪能しまくっています。他にも色々とイベントに参加しているのですが、その話はまた今度…

さて、肝心の内容ですが…

レポートと当ブログがリンクしているm@さんの書いた以下のエントリをお読みください。




…え?参加してきたクセに書くことないのか?いやいや、書きたい事はあるんですが、ドコまで書いてOKなのか、線引きって難しいな〜なんて(笑)

とはいえ「公式発表とよそ様のブログエントリの紹介」だけってのも、確かにあんまりです。よってココから先は『ひふみアカデミーの内容』と『ひふみアカデミーという取り組み』に対する感想をば。


〇『ひふみアカデミーの内容』に対し

1.経済・相場に対する【ひふみ投信】運用チームの現状認識と今後の予測が面白かったです。

一つ一つの材料を複合的に見て「短期的には○○、中長期的には××だろう」という予想を立てる筋道や「起こりうる特定のリスクイベントのサインについて、特定のキーパーソンの動向に注目しているが、その筋ではあまりにも有名な第一人者の言動はみんなが注目しているモノ。もう少し複数のソースも合わせてチェックしている」という見解には思わずガッテンボタン連打!!。


が、「知的好奇心を満たす」という勉強になった反面「じゃぁ、この見通しを参考にして自分自身の投資行動を変更するか?」というとそういう事は考えていません。

理由は「(自分自身は)短期・中期の予想はしない」と決めているからです。

もっというと【ひふみ投信】運用チームの予想は既に【ひふみ投信マザーファンド】という投資信託の中身に反映されているハズだから、自分自身はこの予想にのっかっているのです。(さらに傾倒する必要はない)

(予想している事、言っている事と運用の中身が一致しているかのチェックは必要ですが)


2.今月のナビゲーター、片山さん…ココは『ひふみアカデミー』でもそう呼ばれていたのでハンドルネームの五月さん(投資家兼同人作家)とお呼びしましょう…五月さんの相場・銘柄の見方やキャラが面白かった。

大人気ソーシャルゲーム『艦これ』を一つの材料としてKADOKAWAへの投資を行っているが、類似の現象としてソーシャルゲーム『パズドラ』のブレイクで株価が大暴騰したガンホーと同一視しているワケではなく、総合力に期待しているとのこと。これは(KADOKAWAのコンテンツの古くからのお客さんであるモ人から見ても)納得の説明でした。


〇『ひふみアカデミーという取り組み』に対して

1.Ustream中継後、質疑応答の中盤から藤野さん、五月さん以外のファンドマネージャー(以下FM)兼アナリストの方々が入場。それぞれの簡単な紹介と注目している事について一言づつお話がありました。

→前々から「【ひふみ投信】は複数のFMがそれぞれの価値観で調査・投資を行っている。つまり着目点・価値観の分散をしている」と聞いていました。

今回、FMの皆さんそれぞれからお話を聞いて「全体の方向性や足並み(呼吸といってもいいのかも)は揃っているが、それぞれの着目点、それぞれのアイデアを持っている。そして互いに(日常的な)議論をする事でそれぞれの見方の理解を深めたり、磨きをかけていってるんだなぁ」という事が伝わってきました。

こういう事を「肌で感じられる」機会が贅沢にも毎月設けられている!改めて「スゴイ事だ!」と実感しました。(地理的、都合的に来られない方にも、せめて前半はUstreamの中継がありますし)


2.印刷した月次レポートがもらえる

自分のようにレオス・キャピタルワークスに【ひふみ投信】用の口座を開設している人は、PCから見られるレポートと同一のものをもらえます。

自分自身は前日に入手していたので事前に内容に目を通していました。が、よくよく考えると、このレポートは(本来は知っておくべき)同じ【ひふみ投信マザーファンド】に投資している【ひふみプラス】保有者は見られないようになっています。

ネット証券経由では【ひふみプラス】保有者にだけ特別なレポートを見せる…という仕組みを用意するのは難しそうです。今後も【ひふみプラス】保有者の皆さんはレオス・キャピタルワークス公式HP上にある【ひふみ投信】【ひふみプラス】のレポート(組入れ上位10銘柄のみ掲載)しか読めない…そんな状態が続くのではないでしょうか。

しかし、『ひふみアカデミー』は口座開設の有無にかかわらず、参加可能です!

【ひふみ投信】に関してちょっと興味がある…という方にも当然おススメですが、自分は【ひふみプラス】を保有しているけど、運用の中身をもっと知りたい!という方こそ有意義に参加できるイベントなのではないか?と感じました。


−※−※−※−

運用報告会には(レオスに限らず)初めての参加でしたが、とってもワクワク・充実した時間を過ごせました。会場には初参加…という人が…自分を含め五人以内という状況…みなさん常連さんなんですね…(びっくりしました)


あ、「【ひふみ投信】は漢(おとこ)の投信」というネタ(セミナーに男性参加者しかいない時期があった)も聞いてましたが、男性も女性も自分より若そうな方からご年配の方まで幅広く参加されていた印象です。(比率でいうとやはり男性多そうですが)


最後に。

退場時に最高投資責任者(CIO)の藤野さん、マーケティング担当の白水さん、運用部シニアアナリストの八尾さんとご挨拶できました。

普段はオンライン上でのやりとりや、書籍・連載(たまにTV・ラジオ)で、その考えに触れている方とお会いできるというのは、やっぱり嬉しいもんですね。


次は8/9(金)のイベントで再びレオスにお邪魔します!!(ブログには書きそびれていましたが!!牛丼屋チェーンをハシゴして胃袋で考えてきます!!)



それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM