(自分用メモ)ポートフォリオの大改造を思案中2014年2月


表題のとおり、自分用のメモとして残しておきます。

DEMICOUPER CUT OFF MEMODEMICOUPER CUT OFF MEMO / yto


1.現行保有三ファンドの定額積立を停止

⇒単純に新規資金の枯渇が最大要因。『給与減』『家族増(&成長)』消費税&物価増』と家計収支悪化要因がジェットストリームアタックをしかけてきています。

ご参考:ジェットストリームアタック (じぇっとすとりーむあたっく)とは【ピクシブ百科事典】 ジェットストリームアタック (じぇっとすとりーむあたっく)とは【ピクシブ百科事典】

一応、『投資にまわさない生活防衛資金』と『投資にまわしている資金』は比率で管理しており、最近でも許容範囲内で推移はしているのですが…今後の事を考え「定額積立」という方法は取りやめます。


2.今まで『モ人ポートフォリオ』と呼称していた部分を『モ人ポートフォリオ−応援』とする

⇒三ファンドとも独立系投信であり、大手ではない=ベンチャービジネスとして苦労をしているので『応援したい』という意識を改めて感じました。

但し、実際に資金を投じているのは運用商品としての魅力が十分にあり、今までもこれからも安心して運用資金を託していけると考えているから。つまり『応援』だけ、判官びいきで単純にベンチャーを応援!という感覚で資金を投じているのではありません。

⇒三ファンドとも銘柄を選別する「アクティブファンド」であり、市場全体に薄く広く資金を投ずるのではなく、特定の企業に資金を投じている…言ってみれば『応援』をしているんですね。


3.新規で『モ人ポートフォリオ−感謝』という部分を設ける

⇒上記の『モ人ポートフォリオ−応援』に対して、市場全体やさまざまなアセットクラス(資産)に広く薄く資金を投じます。

「日頃から、自分や家族、色々な人達の生活・人生を支えてくれているありとあらゆる資本主義経済に『感謝』を」

という感覚で。投資対象ファンドは【eMAXISバランス(8資産均等型)】を予定しています。
4.『モ人ポートフォリオ−感謝』の目標保有配分をモ人の年齢と同一にする

インデックス投資の古典に「自分のポートフォリオ内の債券の保有割合は自分の年齢と同一にすればよい」という記述があります。この考え方を我が家では少しアレンジして取り入れたい。つまり、【eMAXISバランス(8資産均等型)】を自分の年齢分だけ保有します。


5.『応援』『感謝』の比率が目標比率より1%以上かい離した場合に『ノーセルリバランス』を行う

1で「定額積立をやめる」と書きましたが、今後は『ノーセルリバランス』の時だけ新規資金を投入する事にします。

目標に対して比率が崩れている=相対的に割安なポートフォリオのほうに新規資金を投じます。『モ人ポートフォリオ−応援』内の三ファンドの割合は『応援』に新規資金を入れる時にのみ調整する予定です。



うん。予想通り思ってるルールを箇条書きにすると複雑さが目に付きますね。

3月の目標は上記ルールを【理解】【分解】【再構築】して

新生!モ人家生存戦略統合ドクトリン

みたいなイカしたタイトルのエントリを更新する事にします。

以上、自分用メモでした。

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか
ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM