ファミリーファンド方式のお話その一〜【eMAXIS TOPIXインデックスファンド】の場合


本日のお題は『ファミリーファンド方式』です。例として一番単純な親子関係である【eMAXIS TOPIXインデックスファンド】についてだけ。

リモコンいいわーリモコンいいわー / iandeth

え?このブログではファミリーファンド方式の話はもうしてるだろ?手抜き焼き直しですか??

な、何のこと言ってるんですか〜???まさか、焼き直しなんてするワケないじゃないですか!!


文字ばっかりで読みにくい、こんなエントリ誰が書いたんでしょう。ホンッと読む人の気持ちに寄り添えてないですよね(プンプン


…三文芝居はこのあたりにして、再度ファミリーファンド方式のお話をしましょう。今回から三回にわけてケース別の「ファミリーファンド方式」をチェックしていきます。

第一回の今回は【eMAXIS TOPIXインデックスファンド】のようにシンプルなケースから。


まず、投資家は証券会社を通して【eMAXIS TOPIXインデックスファンド】の注文をします。この時、約定(やくじょう)した新規資金は一旦【eMAXIS TOPIX インデックスファンド】に入ります。

140228_ファミリー0101
 
しかし、このままでは円グラフの赤部分がリスクテイクしていない…インデックスファンドの目標である「市場平均指数への連動」を邪魔してしまいます。

よって、新規資金が入って増えた現金比率部分を使って【TOPIX マザーファンド】の買付(?)を行います。ファミリーファンド方式での『ベビーファンド』も『マザーファンド』も同一の運用会社内での資金移動なので、買付とか売却という表現はピンときませんが。

140228_ファミリー0102

こうして、『ベビーファンド』=【eMAXIS TOPIX インデックスファンド】に入ったお金が『マザーファンド』=【TOPIX マザーファンド】に入りました。

【eMAXIS TOPIX インデックスファンド】の中身は常に【TOPIX マザーファンド】を高位に組入れるようになっています。資金が入った時も、資金が出ていく時も、親子関係は大きく崩れません。

『ベビーファンド』の値動き=( 『マザーファンド』の値動き − 信託報酬 )


一方、『マザーファンド』である【TOPIX マザーファンド】には他の『ベビーファンド』も抱えています。第三回でお話する予定の【eMAXIS バランス(8資産均等型)ファンド】の1/8は【TOPIX マザーファンド】ですし。


そして、【TOPIX マザーファンド】はTOPIXに連動する事を目標として運用されています。『マザーファンド』には信託報酬は設定されていません。

(一般投資家向けではない【TOPIX連動用ファンド(仮)】みたいな『ベビーファンド』もあるでしょう。『ベビーファンド』の段階で信託報酬の差をつけているのですね。)

今回はファミリーファンド方式の中でも一番単純な親子関係である

『単一ベビーファンド』 ⇒ 『単一マザーファンド』

を『ベビーファンド』の視点で確認してみました。単純ですね。単純すぎて「なんで親子に分けたの??」なんて過去の自分は不思議に思っていたのですが…今にして思えば、この感想は「子供からしかファミリーファンド方式を眺めていない」考えなんですね(恥)

子供ですか。Twelve Y. O.ですか。「(一人では何も決められない)12歳の子供に過ぎない」ですか。

Twelve Y.O. (講談社文庫)
Twelve Y.O. (講談社文庫)
posted with amazlet at 14.02.27
福井 晴敏
講談社
売り上げランキング: 303,461


(この福井先生の良作のリンク貼りたいだけです。良作なので、未読の方はこの機会に是非。)

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか
 
ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM