『3.11』を忘れない為に〜身銭を切らない寄付のご紹介〜 3/11追記アリ3/13さらに追記

2011年3月11日−東日本大震災で命を落とされた全ての方のご冥福をお祈りします。

−※−※−※−

タイトルからして、ご存知の方が大多数かもしれませんが、念のため&自分がこの取り組みに感じた事の自分用メモとしてエントリとしてしたためます。

201403


このヤフー社の取り組み、概要はとっても単純。

2014年3月11日(日付けが変わった0時から次の23時59分までの24時間)の間にYahoo!Japanの検索窓で『3.11』と入力・検索をするだけで1ユーザーにつき10円が

>公益財団法人東日本大震災復興支援財団の「一般寄附金」へ

寄付される、というもの。

≪追記≫

注意!!募金の対象となるのは『3.11』のみです。同様の意味ですが『3月11日』『3/11』『東日本大震災』では募金の対象になりません。ご注意を

昨年11月、モ人もフィリピン台風災害に際して募金を行いましたが、その時

フィリピン台風緊急支援募金に寄付をしました フィリピン台風緊急支援募金に寄付をしました | これが我が家の生存戦略

>もうひとつは、最近3.11関連の本を連続して読んでいたからです。このあたりの感覚はもう少し整理できてから、書きたいと思ってます。

と書きました。ブログでも紹介しようとずっと思っているのですが、なかなか自分の中で「納得できるまとめ方」ができていません(恥)なので、取り急ぎ書名と概要のみ

1.写真集『再起』 著:宮嶋茂樹氏

相互リンク先のちんあおさんの下記エントリを読んで、興味を持ち購入しました。本書の具体的な魅力はちんあおさんのブログにて、どうぞ。


災害そのものの『記録』と、その後に歯をくいしばって生きている人達の顔、無数にある一つ一つの『人生』の側から東日本大震災をとらえた写真の数々、読んでいて息がつまりそうな場面がいくつもありました。


2.カウントダウン・メルトダウン

カウントダウン・メルトダウン 上
船橋 洋一
文藝春秋
売り上げランキング: 2,139

カウントダウン・メルトダウン 下
船橋 洋一
文藝春秋
売り上げランキング: 3,619

こちらは東日本大震災のもうひとつの側面−原発事故を詳細に追ったドキュメンタリーでした。2013年中に読んだ本のなかでも一番印象に残った本です。(ただし、同率1位がもう一冊。違う題材を違う時代背景でとりあげながらも、奇しくも類似のテーマを描く事になっている本です。)

これ以上は、また改めて。

もう一つ、関連書籍を再掲載。


で末尾にとりあげた

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)
細野 不二彦 ゆうき まさみ 吉田 戦車 島本 和彦+石森プロ 藤田 和日郎 高橋 留美子 荒川 弘 椎名 高志 かわぐち かいじ
小学館 (2013-04-30)

です。

全て、色々と考えさせられる作品ばかりなのですが、特に巻頭掲載であり発起人・細野不二彦氏作:『ギャラリーフェイク』と巻末掲載のかわぐちかいじ氏作:『俺しかいない〜黒い波を乗り越えて〜』の二作は突き刺さります。

今日は家に帰って読み直します。


−※−※−※−

「検索は応援になる」

なるほど、検索というのは「知りたいという想い能動的な行動に移す時、最初にする事」なのかもしれません。

3.11というコトバ、2014年現在の3.11というコトバの意味がどうなっているのか?

「検索」する事が「忘れない」事になる。


それでは せいぞんせんりゃく しましょうか


<3/13追記>

Yahoo!トップページにて、上記取り組みの結果報告がUPされています。

「Yahoo!検索」の東日本大震災復興支援企画 「Search for 3.11」プロジェクトの結果報告 / プレスルーム - ヤフー株式会社 「Yahoo!検索」の東日本大震災復興支援企画 「Search for 3.11」プロジェクトの結果報告 / プレスルーム - ヤフー株式会社

詳細はリンク先をご覧いただきたいのですが、印象に残った点をいくつか。

>検索者数50万人(寄付金額500万円)の上限は、普段のさまざまな検索動向から算出し、相当に高いハードルであると考え、大きな目標として設定していました。

コレは、自分も「いや、いうても50万件のユニークユーザーは厳しかろうて」と思っていました。(だからこそ、一件でも上積みできないか?と思ってこのエントリをしたためて『応援』したのです)

>「Yahoo!検索」では、皆様からいただいた応援の気持ちをしっかりと形にし、復興支援につなげていくため、上限額を変更し、実際に検索した2,568,325人分の金額である25,683,250円を寄付することといたしました。

この変更は素晴らしい!!おそらく、従来設定していた上限である<500万円>は用意していたでしょうが、現実はその5倍のお金を捻出しなければならない…という事ですもんね。実際のユニークユーザー数の開示&それに合わせた寄付…なかなかどうして、アジな真似をしてくれます。

↓先週から何気に参加しました。コレは!と感じていただけたなら、ポチっとしていただけると励み・更新モチベーションにつながります、ハイ。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM