【セゾン資産形成の達人F】「サブファンド解体新書」の今後について

貴重書書庫:解体新書貴重書書庫:解体新書 / Masao Takaku

ご紹介がおそくなってしまいました。1月、2月とセゾン投信のHPにて【セゾン資産形成の達人F】に関する魅力的なコンテンツがアップされています。


イイですね、コムジェスト社。当ブログでも以前「サブファンド解体新書」というシリーズを進めていた時にとりあげています。


特に上記のエントリを書く時に「コムジェスト」の日本法人のHPを穴が開く程眺めたモノです。


…セゾン投信公式さんがこうしてサブファンド(の運用会社)について取り上げてくださっているので、当ブログで「無期限凍結」を宣言している「サブファンド解体新書」シリーズ、今後はちょっと軽目でイイですかね?(弱気)

あと残っている運用会社は『スパークス・アセット・マネジメント投信』『コモンズ投信』『バンガード』『Tロウプライス』の四社なんですが…

『コモンズ投信』(及び【コモンズ30ファンド】)は今年の1月に紹介しています。

【コモンズ30ファンド】まとめ2014年2月5日現在 【コモンズ30ファンド】まとめ2014年2月5日現在 | これが我が家の生存戦略

また、『スパークス・アセット・マネジメント投信』は日本HPがあるのでなんとか調べようがあるのですが…

投資信託

バンガード社は日本法人のHPがあるものの【バンガード・米国オポチュニティファンド】に関しての記述は見当たりません。

セゾン投信の公式HPより引用します。

<引用>

バンガードは世界最大級の投信会社です。また、ローコスト・ハイクオリティ運用のリーダーとして認められています。投資家の利益を守るため、長期投資の重要性を訴え続けています。

バンガードのアクティブ運用ファンドとプライムキャップ社について
バンガードでは株式のアクティブ運用ファンドについて、その多くの運用を外部に委託する形態をとっており、米国オポチュニティファンドを運用するプライムキャップ社とバンガードは20年以上にわたる協業の歴史があります。プライムキャップ社は、1983年9月にカリフォルニア州で設立された、株式ポートフォリオの運用を専門とする独立系の運用会社です。ファンダメンタル分析を徹底して行い、長期的な視点で投資を行なっています。

</引用終わり>


また、Tロウ・プライス社も本国アメリカのHPしか見当たりません。かろうじてこんなブログエントリ(創始者、トーマス・ロウ・プライスに関するもの)だけが見つかりました。


(化学畑出身というのは驚かされました。新卒でデュポン入社)

同じくセゾン投信の公式HPより引用します。

<引用>

米国独立系の大手資産運用会社。米国主要株式指数S&P500に採用される数少ない上場運用会社。徹底したインハウス・リサーチによるファンダメンタル調査を重視し豊富な商品ラインナップとグローバルな運用力を誇ります。

</引用終わり>


ファンド内の組み入れ銘柄数や国別比率、現金比率、月間騰落率なんかは月次レポートから読み取れるので、そのあたりは追々ウォッチしていきたい項目です。本当をいうとそれらのデータはあくまで結果であり、「運用会社」「運用哲学」の姿勢の方がより根っこの部分−本質的であり、大事だとは思うんですが…

え?!英語を勉強しろ???そ、そのうちね #やらないパターン

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
初めてコメントさせていただきます。
ネイトと申す者です。
日々勉強させていただいております。
私も達人Fにお世話になっています。

さて、昨年11月27日にRennyさんが
「The Fantastic 51」を記事にされたのを
拝読した私は、Tロウ・プライス社のファンドが、
バンガード社の9本を凌ぐ10本も選ばれていることに
軽い衝撃を受けました。
又、プライムキャップ社も3本選ばれていますよね。

これらの運用会社のバックボーンについて、
さらなる開示をお願いしたいところですね。
  • ネイト
  • 2014/03/27 10:49 PM
ネイトさん、コメントありがとうございます!

>さて、昨年11月27日にRennyさんが
「The Fantastic 51」を記事にされたのを
拝読した私は、Tロウ・プライス社のファンドが、
バンガード社の9本を凌ぐ10本も選ばれていることに
軽い衝撃を受けました。
又、プライムキャップ社も3本選ばれていますよね。

おお、そうだったんですか!普通に見落としてました。ちょっと確認してみます。

気付きをありがとうございます(`◇´)ゞ
  • モ人SYO―GO
  • 2014/03/27 11:10 PM
こんにちは。

4月19日の日本コムジェスト×セゾン投信共同セミナーに行ってきます。貴重な機会なので楽しみです。

そして3月の運用レポートでコモンズ30ファンドの売却が明らかになりましたね。さわかみ以来のアクティブな動きでしょうか。結構な驚きですが、私はポジティブに見ています。
  • とらたぬ
  • 2014/04/03 11:11 PM
>とらたぬさん

おお!達人ファンド(とガンダムUC)といえばのとらたぬさん、コメントありがとうございます!!

セゾン投信さんから、セミナーのメール来ましたね〜気になる内容です。ありがとう投信さんも以前セミナーされてたんで、コムジェスト社は投資家へのアプローチに積極的だな、という好印象を持ってます。

そして…コモンズ30ファンドの件ですね。また、改めてエントリにしたためたいと思いますが、売却理由もスジが通ってますし、自分も(達人ファンドの振舞いとして)ポジティブに見ています。

達人ファンドは組入れ銘柄は「変わる」けど、方針は「変わってない」とも思ってます。
  • モ人SYO−GO
  • 2014/04/04 8:06 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM