というのはウソ!#エイプリルフール #ネタバレ あるいは『PSYCHO-PASS』のご紹介

タイトルは…いや、わざわざ書かなくてもわかってますよね…

【速報】政府が厚生省公安局による治安維持活動を承認へ 【速報】政府が厚生省公安局による治安維持活動を承認へ | これが我が家の生存戦略

この日付が変わった瞬間に更新したエントリは…ウッソでぇす(はぁと


上記の風習(?)にのっとり、正午にはネタバレをお知らせする次第であります。

とはいえ。せっかく『PSYCHO-PASS』の事を取り上げたのだから、ちょっとだけ宣伝を。

TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」 TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

『PSYCHO-PASS』は2012年10月から2013年3月までフジテレビ系列で深夜に放送されていたアニメです。制作の発起人であり、総監督を務めているのは実写映画&ドラマ『踊る大捜査線』の監督として知られている本広克行氏。ご本人は無類のアニメ好きであり、かねてよりアニメ向けのアイディアというものを温めていたそうです。

ただし、この『PSYCHO-PASS』は「刑事モノ」でありながらも、SF(サイエンス・フィクション)。約100年未来の刑事ドラマとなっています。そして、その世界観がスゴイ!!

前エントリに書いたとおり、この作品中の世界では人々の生活の中に『シビュラシステム』という超高性能コンピューターによる行動決定支援・意志決定支援(検索サジェスチョンみたいなもの)が浸透しています。心理判断とケア、適正職業への就業支援、などなど人生における重要な選択のほとんどを『シビュラシステム』にゆだね、市民はその結果得られる「それぞれに最良だと判断された」生活をあるがままに享受しています。

一方で、人間同士が生活する上で犯罪をなくすことはできず、「これから犯罪をするであろう者=『潜在犯』」を取り締まるという社会が出来上がっています。「犯罪は病気である」という理念のもと、『潜在犯』の隔離・更生されるのは既に書いたとおり。『犯罪係数』が一定値を超えて更生の見込みがないor社会からの即時隔離が必要と判断された潜在犯は、その場で即時排除…『ドミネーター』による殺人が認められているのです!!


大規模な演算を行う『シビュラシステム』、そしてその結果から刑を執行する『ドミネーター』。主人公たち刑事課の人間は、ただ『ドミネーター』の銃口を対象者に向け、引き金を引くだけ。

番組放映開始時のキャッチフレーズは『その銃口(システム)が正義を支配する』

いやーハードですね。シビれます。


正義か悪か?という「主観・立場によって簡単に入れ替わってしまうような価値観」をコンピューターが計算によって判断してしまう世の中。そして、その結果によっては、潜在犯(もしくは犯罪者)の命を奪う『ドミネーター』

(アナウンス音声を演じるのは『タッチ』でヒロイン浅倉南を好演した日高のり子さんです!!)

(っていうかほとんどの執行対象者は爆発四散させられるんですが)


この『PSYCHO-PASS』。最近、続編や劇場版の作成や、そのスケジュールが発表されています。


公式サイトによると、今年の7月より放送済みの全22話を1エピソード60分、全11エピソードに新編集したものを放送するそうです。放送時間は従来から1話30分だったので、2話を1エピソードに結合しただけ…かもしれませんが、いくつか手直しが入るとのこと。

また、その新編集11エピソードに引き続きTVシリーズ続編を放送するとのこと。劇場版も今冬(来年?)と合わせて怒涛のプレスリリースが発表されています。


もし、前回と今回のエントリをお読みの方で『シビュラシステム』『ドミネーター』『サイコパス診断』にご興味を持たれた方がいらしたら、7月からの放送をチェックしてみてはいかがでしょうか?

「そんなに待てるか!」という方々の為に小説版のリンクも用意しておきますね。前後編の二冊で読みやすくなってます。

小説 PSYCHO-PASS サイコパス (上)
深見真 ニトロプラス
マッグガーデン
売り上げランキング: 14,012

小説 PSYCHO-PASS サイコパス (下)
深見真 ニトロプラス
マッグガーデン
売り上げランキング: 45,394

この二冊さえ読んでれば「自分が潜在犯の素質アリかどうか」一発でわかりますよ(グルグル目)

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

<4/7朝追記>

Amazonを眺めていると、PSYCHO-PASSマンガ版の一巻がkindleで無料お試し可能となっています。モ人の拙い説明ではカバーできてない、「シビュラシステムのある生活」が絵で表現されていますので、kindle本を利活用されている方々は是非ダウンロードしてみる事をおススメします。タダですから。(いつまでタダかはわかりません)



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM