変わらない方針故に変わりゆく【セゾン資産形成の達人F】のお話 2014年4月

20140411_01

意味深なタイトルですが、結論を最初に書いておきます。

〇 【セゾン資産形成の達人F】は組み入れ銘柄(ファンド)を変える事がある。直近では2013年12月以降買い増しをしていなかった【コモンズ30ファンド(機関投資家専用)】を3月4月の二か月間で売却するとのこと。

〇 【セゾン資産形成の達人F】の方針は変わっていない。変わったのは【コモンズ30ファンド(機関投資家専用)】の模様


当ブログでは以前、【セゾン資産形成の達人F】のウォッチを毎月行っていました。


しかし、あんまりにも盤石な比率維持が続いており「これなら年に一度のチェックでよろしかろう」と判断、12月の決算月に「前年12月〜当年11月末までの12ヶ月」の組み入れ比率をチェックするように変更しました。

最近は以下のエントリです。


11月末までは、上記のとおり鉄壁の比率維持をしていた【セゾン資産形成の達人F】ですが、12月中の資金流出超過を通じて状況が変化しているようです。

まずは11月末から3月末までの組み入れ比率の推移をご覧ください。(上記エントリと1ヶ月分かぶっています)

20140411_02

【コモンズ30ファンド(機関投資家向け)】のみデータラベルを貼ってます。これをみると11月末まで約5%組み入れていた同ファンドですが、12月の資金流出時に(他のファンドも同様に)売却したあと、年始より新規資金を注入していない…買い直しをしていないようなのです。

新規資金を得たら他のファンドに対しては比率を維持するように、比率が小さくなっているファンドを買い付けています。

理由は…ファイナンシャルジャーナリスト:竹川美奈子さんがブログで書いておられるセゾン投信「第七回運用報告会」のエントリ中に書いてありました。


この中で質問として「【コモンズ30ファンド(機関投資家向け)】をどう思っているのか?」というものが出ており、セゾン投信は「再デューデリ(=デューデリジェンス。投資対象に十分な価値があるのか、リスクは等々を詳細に調査すること)中」である、と答えています。

自分も当ブログでエントリを【コモンズ30ファンド】関連エントリを書いている途中で「あれ?銘柄は原則均等保有じゃなかったっけ?」と思っていました。


その記憶に間違いはなく、セゾン投信は「均等保有だから組入れた」「組み入れ銘柄の保有比率を調整するのは当初の運用方針とは違う」という見方をしています。

投資信託 

以下に今月の運用レポートから、瀬下ファンドマネージャーのコメントを引用します。

≪引用≫

>当ファンドは、『十分な時間があれば、株式の価値は企業が生み出す価値に近づいていく』ことに焦点を当てることで、市場の変動によるリスクを抑制しながら長期的な資産の成長を図ることを目的として運用を行っています。その為、投資先ファンドの選定にあたっては、経済動向の分析に基づいて資産配分を行う能力ではなく調査や分析により企業が生み出す価値を見極める能力を重視しています。

コモンズ30 ファンドについては、昨年、運用体制が変更されたことを受けて、改めて検証を行って参りましたが、コモンズ30 ファンドの運用において資産配分の役割が大きくなったことなどが、資産形成の達人ファンドの運用の方向性と異なるとの判断に至り、一旦全て売却することと致しました。

≪/引用終わり≫

一旦、とは書かれていますが【コモンズ30ファンド(機関投資家向け)】の運用姿勢が戻らない限り再組入れは無いように見受けられます。

この判断を見ての率直な感想です。

「セゾン投信の説明が腑に落ちたので問題なし」

『十分な時間があれば〜』のあたりは日ごろから主張されている事ですし、特に力技・無理スジな主張もありません。上記のコメントにあるように【コモンズ30ファンド(機関投資家向け)】のほうが(細かい点ではありますが)運用手法を変更したのであって、【セゾン資産形成の達人F】の方は方針を維持しています。

方針はかわらず。しかし、その方針を維持する為に組み入れファンドやその保有比率は変えてゆく事も厭わない…

こうした判断を、キチンと我々受益者が聞いて、その説明に納得できるかどうか。スジが通っているか?あやふやなまま、ものごとを進めていないか?

自分が2012年春に資金を投入してから、初めての組み入れのサブファンド変更です。今後も【セゾン資産形成の達人F】の動向をウォッチ&チェックしていきます。


それでは せいぞんせんりゃく しましょうか
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM