【JPM ザ・ジャパン】ウォッチその二 2013年度の騰落率と純資産総額の推移



−※−※−注意!!−※−※−

モ人自身は現在【JPM ザ・ジャパン】に投資していません。ただし、当ブログでも何度か同ファンドの動静を取り上げています。従来の運用状態になったなら、同ファンドへの投資は魅力的だとも感じています。

−※−※−注意ここまで−※−※−


連作です。前回は


をどうぞ。

さて、前回の2012年度の騰落率&純資産総額をウォッチした段階では

〇 2012年4月〜11月中旬までは【eMAXIS TOPIXファンド】とつかず離れずのパフォーマンス&純資産総額も概ね増減なし

〇 11月中旬の「野田総理解散宣言相場」でTOPIXが急上昇するさなか、それを上回る上昇パフォーマンスを魅せつける【JPM ザ・ジャパン】

〇 2013年、年初より販売会社の猛プッシュにより純資産総額が急激に膨れ上がる。「当初想定していた純資産総額上限」1000億円を超えて2013年3月7日に新規資金受付停止(=販売停止)に。

〇 一か月もしないウチに「純資産総額上限を2000億円」に変更(拡大)。晴れて2013年4月1日より新規資金受付再開をアナウンス。


さて、それでは2013年度の基準価額騰落率と純資産総額の推移をウォッチしてみましょう。
2013年度

20140604_01

青線:【JPM ザ・ジャパン】2013年3月29日基準価額を10000として指数化

赤線:比較対象として【eMAXIS TOPIXファンド】2013年3月29日基準価額を10000として指数化

棒グラフ:【JPM ザ・ジャパン】の純資産総額(右軸)

うーん、意外とゴチャついていますね…特に基準価額騰落率。

ココで注意が必要なんですが、基準価額騰落率の目盛り。前回(2012年度)は7000〜17000を1000刻みでしたが、今回は9000〜13500を500刻みです。つまり、同じ一年間という期間・4月始め3月終わりという期間を取っているにも関わらず基準価額の変動幅が半分ぐらいに収まっているんですね。

これより、TOPIXも【JPM ザ・ジャパン】も方向性を持った結果が出た相場では無かった事がわかります。(逆にいうと2012年度のように方向性を持った相場の方が珍しかった、のかも)

もう一つ。右軸の目盛は逆に拡大しています。前回(2012年度)は0〜1500億円で150億円刻み。今回(2013年度)は0〜3600億円で400億円刻み。コチラは2倍以上の拡大です。


見どころは主に三つ

1.4月〜5月まで

【JPM ザ・ジャパン】の純資産総額が2000億円どころか運用益で2800億円規模に!同時に【eMAXIS TOPIXファンド】を大きく引き離す高パフォーマンスを叩き出しています。

しかし、5月23日に日本市場を襲った暴落…この時の事は当ブログでも何度か引き合いに出していますが、2012年末からの上昇相場からの反転調整相場にココロを揺さぶられた方々も居たのではないでしょうか?



ココから、【JPM ザ・ジャパン】は急にパフォーマンスを悪化させます。年度最初のロケットスタート分の超過リターン分だけをなくして【eMAXIS TOPIXファンド】と同じレベルにまで下がってしまいました。


2.9月中旬〜11月中旬まで

5月から9月初めまで、【JPM ザ・ジャパン】と【eMAXIS TOPIXファンド】はピッタリと寄り添った値動きをしていましたが、9月半ば若干の上昇相場の波を再びとらえたようです。しかし、一度獲得した超過リターンを維持するも、11月中旬には再び【eMAXIS TOPIXファンド】と同水準まで沈んでしまいます…


3.11月中旬から

沈んだあとの【JPM ザ・ジャパン】。なんと【eMAXIS TOPIXファンド】よりも低パフォーマンスをたたき出す事になってしまいました。そして、2014年2月初め、新規資金受付再開がアナウンスされます。




さて、ココまで散々「新規資金受付停止」「受付再開」が問題なんじゃないの?という論を進めてまいりましたが、じゃあ実際のトコ、純資産流出入金額はどうなんだ?という事ですね。当然計算しております!!

ですが、長くなりすぎたので次回にひっぱります。


それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
トラバありがとうございます。

ひふみの藤野さんがセミナーで、「JPMザジャパンはライバルで、この一年は低迷したけれど、もともとホームランか三振のファンド。しかもホームランのときは一気に10点とるし、最近の新興市場の復活で、息を吹き返した」と警戒していました。あたるか外れるか判りませんが、ご参考まで。
おお、夢見るお父さんさんすばやいコメント&トラバ返し、ありがとうございます。

なるほど、【JPM ザ・ジャパン】は藤野さんも立ち上げに携わったそうなので、ポテンシャルとしてはそうとうに高いファンドだと思っています。「ホームランか三振か」というのはなかなかユニークな評ですね。

有用な情報ありがとうございます。このシリーズはひとまず次回で完結予定ですが、継続してウォッチしたいファンドだと感じています。
  • モ人SYO−GO
  • 2014/06/04 8:37 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
 フィデリティ証券から「JPMザ・ジャパンの申込み受付再開のお知らせ」という連絡が来ました。アクティブファンドファンにとってはうれしいおしらせですね。  参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。 金融・投資 ブログランキングへ
  • 夢見る父さんのコツコツ投資日記
  • 2014/06/04 7:56 AM

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM