毎月『決算』型と毎月『分配』型…それに毎月『配当』型!?!?


連作、というより補足エントリです。


にて

(ちなみに、某大御所投信ブロガーさんが『債券』の事を『債権』と書くのをチェックする程ではありませんが、自分も『毎月決算型投信』の事を『毎月分配型投信』と表現するのには抵抗があります。)

こんなふうに控えめに表明していた、モ人の個人的こだわり毎月『決算』型呼称について、備忘録程度に軽く書いておきましょう。なんとチラシの裏めいたエントリか!!(忍殺語風)


さて、どうやら巷では

「投資といえば個別株取引」

「どうやら最近はFXっていう通貨取引もさかんらしい」

「投資信託だったら定期的に分配金が受け取れるらしいぞ」

という理解が一般的な模様。…そうなんです…世間サマに言わせると「投資信託=分配金を出すモノ」になってしまっているようなんですね…


そして、その極め付けとして『毎月分配型なら毎月決まった金額が受け取れる!』『自分年金をつくりませんか?』というキャッチフレーズがババーンと出てきて、また腹が立つワケですよ。

何が毎月『分配』型だ!ってね。

毎月『分配』があるのは、毎月『決算日』を迎えその『決算日』毎にファンドの運用会社が「今期は分配金を1万口当たり〇円払い出します」という判断・手続きを行っているから。別に毎月『分配』する事を約束されたわけじゃないんですよ。少なくとも建て前上では。

(実際はできないでしょうけどね、無分配なんて選択は。だって『分配金利回り』を求めて集まった資金にとって、実際の運用パフォーマンスより『分配金が出るか否か?』のほうが大切なんでしょうし)


『決算』が毎月の頻度で設定されている。それが毎月『決算』型。ただそれだけなんですよね。


ところが、毎月『決算』を行う=毎月『分配金』が出るというふうに結びつける…それどころか、いつのまにかその境目がよくわからなくなって(よくわからなくして?)毎月『分配』型というコトバだけが行きかう業界…こんなのでいいの?って思うんですよね。

そんな風に悶々とした気持ちをブログにしたためた(?)金曜日…この週末にTwitterで「毎月配当型投資信託!」というスペシャル残念ワードを目に入れてしまいました…

(※ 個人を誹謗中傷する事が目的ではないので、当ブログではリンクを貼ったりTweetを引用したりしません。紳士淑女の皆様方におかれましても決して『毎月配当型』などという頭痛が痛くなるような検索ワードを検索窓に打ち込む事はご遠慮くださりますようお願い申し上げます。)


…『分配金』と『配当金』の勘違い…毎月『決算』型が毎月『分配金』を払い出すというのなら

「もしかしたら『分配金』というのが、純資産総額を分配しただけのお金、つまり利益が出ていようがいまいが、純資産を分けて配っているだけのお金=『分配金』だという理解が徹底されてないだけなのかな?」

とも思えるのですが…毎月『配当』型っスか…

いやー『分配金』の闇を垣間見た気分ですわ…


それでは せいぞんせんりゃく しましょうか
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM