≪お詫び≫アルゴリズム逸脱&変更のお知らせ


平素より当ブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。モ人です。

ごめんネコごめんネコ / SigNote Cloud

要点

・以前決めていた取引ルールを破った。今後も実施できそうにないのでルール見直しを行う。


先日


にてご報告したように、2014年7月末のポートフォリオチェックの際にモ人ポートフォリオ【応援】(以後【応援】)とモ人ポートフォリオ【感謝】(以後【感謝】)の実際保有比率が目標保有比率に対して1%以上の乖離をしていました。(【応援】が超過。【感謝】が割り込み)


に記していたアルゴリズム−自分で決めた取引ルールにのっとると、この場合は【感謝】に現金を投入して保有比率を目標に近づけるという事をしなければなりません。

…しかし…どうにも気が進まない。さらに必要額を計算すると意外と太い額で尻ごみしてしまう始末…

そういう風な、主にメンタル面の理由から買い付けのみのリバランス(ノーセルリバランス)は実施していません。実際は【応援】の一部を売却し、同額を【感謝】の買い付けに回しています。また、両ポートフォリオ内でも売却・買付後が目標ポートフォリオになるように超過していたファンドを優先的に売却しています。

(具体的には【応援】の中でも【ひふみ投信】【セゾン資産形成の達人F】を優先して解約しています。)

(【感謝】の中身は現状、『ヒ★ミ★ツ』としていますが、【eMAXISバランス(8資産均等型)】を8割、ヒミツファンド二つを1割づつになるようにしています。ここでも買付後が8:1:1になるように買付しました)


−※−※−※−

今年の春(4月)からポートフォリオ(及び投資方針)の大幅な刷新を行ったことは


にてご報告しましたが、その際に決めたルールを早速一つ破ってしまいました。

この判断の背景には「定額積立を行わない」事によるポートフォリオの規模をコントロールできていない不安があります。家計の状況がかんばしくないのは事実なのですが、一方で積み立てを行っていないぶん毎月の収支が楽になっています。それと呼応するように将来に対する不安が漠然としてきました。

確かに、積立を行っていても将来に対する不安は消える事がありません。しかし、投資金額が着実に増える事によって「コレだけの選択肢はある」という気持ちも生まれていました。不安は不安として存在し続けるが、その不安に対抗する『手段』もあるんだ、という気持ちですね。

定額積立自体をすぐに再開!という事は考えていませんが、ノーセルリバランスによるちょびちょび資金投入という考えは改める必要があるように感じています。やはり、リスクオンのリズムを自身の家計と関係なく相場に任せる方法はメンタルに負担がかかります。

よって、別個エントリを立てる予定ではありますが「何がなんでもノーセルリバランスすべし!」という考えは改めます。売却による課税はもったいないとは思うのですが…比率を調整しなかったが故に自分の意識しているリスク水準に対して実際のリスク水準が変化したままになるのは抵抗があるので。

取り急ぎ、≪お詫び≫まで(誰も気にしてないだろうけど)

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM