真実とは問いかけることにこそ、その意味もあれば価値もある


外気温40度外気温40度 / naka_hide

あいもかわらず投資と直接関係ないエントリです。ご興味のある方のみどうぞ。

要点

・横山光輝観満載のOVA『ジャイアント・ロボ THE ANIMATION 〜地球が静止する日〜』は面白い。

・『38℃の日は暑いのに38℃の風呂に入ると熱くないのはなぜか』を本気で追及した中学生グループの自然科学観察コンクール受賞レポートがアツい。

タイトル引用元 OVA ジャイアント・ロボ THE ANIMATION 〜地球が静止する日〜


ハイ、思わせぶりな名言タイトルですね。開いてみるとアニメです、と。どうもアニオタですみません。

くだんの名言−名ゼリフはOVAジャイアント・ロボ THE ANIMATIONの最終エピソード『Episode 7 大団円〜散りゆくは、美しき幻の夜〜』後半冒頭−いや、クライマックスの始まりにおいて主人公:草間大作少年の決意に対して梁山泊(味方組織)の指南役:黄信が放った台詞です。

よくぞ耐えたぞ草間大作! お主の姿に今は亡き、我らが創始、托塔天王・晁蓋(ちょうがい)殿の教えを見た! 『真実とは問いかける事にこそ、その意味もあれば価値もある』梁山泊の一同に代わって礼を言おう!」

大作少年が問うた真実とは亡き父親から別れぎわにジャイアント・ロボ(GR-1)と共に託された言葉−

時代は不幸無しに越える事は出来ないのか、幸せは犠牲無しにはうる事は出来ないのか

(ちなみにこの言葉や父との別れを回想として描いたのは『Episode 5 真実のバシュタール!〜過ぎ去りし少年のあの日々…〜』でした。

本題とややハズれますが、ジャイアント・ロボ THE ANIMATION 〜地球が静止する日〜という作品は『父から子へ』『エネルギー問題』という骨太なテーマを、横山光輝氏のマンガから出てきたキャラクター達が敵味方共にめまぐるしく登場・活躍していくエンターテインメント作品です。当ブログでも来年の父の日にでも紹介しようと考えています。(ホントか?)


さて、本題はというと『真実とは問いかけることにこそ、その意味もあれば価値もある』というコトバを思い出す程、強烈な良エントリ(?)を見つけたのでシェアしておきたいと思ったのです。


38℃の日は暑いのに38℃の風呂に入ると熱くないのはなぜか

あー…先に言っておきますが「暑いと熱いを比べてはいけない」とか無粋なツッコミはナシにしましょう。あと、はてなブックマークも1200件以上(2014年8月21日現在)付いていますし、なんらかのSNSなどで回覧が回ってきて、読んだ事ある人も多いのかもしれません。「既出だろ」なんて言わないでください。


読んだ事ない、という人。ちょっと…いや、かなり長い&字が小さいですが、めちゃくちゃ面白いので読んでみてください。中学生の素朴な疑問がオオゴトになっていく感じがスゴイです。

仮説を立てる⇒実験する⇒結果を検証する

言葉にするとコレだけなんでしょうけど、この子らは身体を張った実験をしてますし、実験の結果仮説が棄却されたとしてもめげる事なく疑問に対して別の仮説からアプローチしています。

個人的に『ココがハイライト』という部分を明かすと

<引用>

>その中(モ人注:書籍:インターネットなどでのリサーチ全般)で、38℃の場合について『こねっとチューター』にわたしたちのテーマとまったく同じことについて書いてあるページを見つけました。「しめた」と思うと同時に、「なんだ。もうやった人がいたのか」という落胆の気持ちも起きてきました。

>そこでの答えは「風呂では、頭が38℃のお湯から出ているが、気温の場合は、全身が38℃の中に入っている」という考えでした。このことは、わたしたちも一つの理由として考えました。

〜中略〜(モ人注:実際にシュノーケルをつけて38℃のお湯にもぐる実験を行った)

>自分たちの仮説が崩れたのと同時に、『こねっとチューター』の人の考えも間違いであることが分りました。きっとこの人は、自分では風呂にもぐってみないで、頭で考えたのだと思いました。『こねっとチューター』に答えるような人は、きっと科学に詳しい人です。そんな人が間違えるようなテーマにわたしたちは挑んでいるんだと少しファイトが湧いてきました。

</引用>

ちなみに、『こねっとチューター』というのはGoogle先生にお聞きした限りでは、某元国営電信企業(俗称:みかか)が展開していた、こねっとワールドという教育系WEBサービスの中で色々な質問に答える人のようです。つまり、ずぶの素人ではなくそれなりに専門性の認められた方々なんですね。

その、いわゆる『専門家』でさえ間違えた(というより検証さえしなかった)仮説に挑んでいるとファイトが湧く…

カッコイイじゃないですか!!すげぇ男前ですよ!!きっとこの子自身はスポ根系じゃない(偏見)だろうけど、ガッツがビンビン伝わってきます!!

そして、真実を問い続けたその先にある答えとは!!

38℃まではないにしても暑くて暑くて仕方ない昨今、上記エントリ(研究レポート)を読んで彼らの姿勢から『暑い』を『アツい』に変えてみませんか??

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM