モ人ポートフォリオチェック 2014年8月


−※−※−※−

要点

・月イチの資産ウォッチ、及び前月取引の開示

−※−※−※−

月の初めの資産管理。モ人ポートフォリオチェックのお時間がやってまいりました。今月も

〇 モ人ポートフォリオ【応援】:モ人ポートフォリオ【感謝】の比率

〇 モ人ポートフォリオ【応援】内三ファンドの比率

〇 取引の有無(【応援】部分ならその内容も)

〇 内部収益率(年率換算での利回り)

を記します。

ご参考




1.モ人ポートフォリオ【応援】:モ人ポートフォリオ【感謝】の比率

1408末01

※ モ人ポートフォリオ【感謝】目標保有比率=モ人の年齢ポートフォリオ【感謝】
実績保有比率[%] − 目標保有比率[%] = 33.48% − 33.72% = -0.24%

ふむぅ…先月の月報でかい離が1%超えたから、【応援】を部分売却、【感謝】に資金投入してリバランスしたというのに、再び0.24%の差が出ている…実年齢より若くなってるってことはアンチエイジングっすね(違)

(この論法だと上昇相場時に顔がツヤツヤと若返って活き活きしてくるんですが、下落相場時は一気に老け込む…という色々アレなたとえになっちゃいますね)


2.モ人ポートフォリオ【応援】内三ファンドの比率

1408末02

こちらは単純にウォッチするだけです。下に記したとおり、【応援】のうち保有比率が目標より大きくなっていた【ひふみ投信】と【セゾン資産形成の達人F】の部分売却を行いました。結果として【ひふみ投信】は【結い2101】と同程度になっていますね。

むしろ、月の半ばに為替が円安にふれた関係からか、【セゾン資産形成の達人F】は部分売却した割には比率が上がっています。

毎月言っている事ですが、今月も比率が大きく崩れているわけではないので、緊急リバランスの検討も必要ありませんね。


3.取り引きの有無

今月は



に記したとおり、2014年7月末の【応援】:【感謝】比率が目標に対して1%以上かい離したので

【応援】を売却(具体的にいうと【応援】内でも保有比率が目標に対して超過していた【ひふみ投信】【セゾン資産形成の達人F】を部分売却)

【感謝】を買付(具体的にいうと【eMAXIS バランス(均等8資産型)】とヒミツのファンド二つを8:1:1になるようにノーセルリバランス)

を行っています。

微調整リバランスは今後も毎月行う予定です。売却の際に税金のロスがありますが、毎月のリバランスが少額の売却・買付になるので、あまり気にしないというぐらいのユルさで構えています。どちらかというと急落や急騰が起こった場合、リバランスを行わなかったコトによる機会損失・暴落耐性の低下のほうが悔しいのです。


4.内部収益率

2014年8月末の時点で 30.40% (年率、含み益込み)

評価額増、期間長期化というのは先々月から三か月連続です。…というか、ココの数字は大型の上昇相場・下落相場を挟むか否かで大勢が決するような気がしますね…今後、上昇相場を帳消しにするほどの下落相場が訪れるやもしれませんし。


それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM