資産形成に大切なこと



タイトルはアニメ『魔法遣いに大切なこと』からインスパイア受けました。とか言いながらこの作品見たことありません(酷


…と、見た事ないと言いながらもwikipedia読んでたら

>魔法が幻想でなく当たり前に存在し、一種の特殊技能として認知されている世界の現代日本。この世界では魔法能力者は国家により監理されており、規定の研修を受け「魔法士」の資格を有しなければならない事になっている。また魔法の使用に関しては魔法士を監理する『総務省魔法局』の承認を得た依頼者からの依頼に基づかなければならないなど、厳しく制限されている。

>この様な世界において、魔法を使える少女たちが様々な人々と出会い、成長していく姿を描いていく。

という概要を読んで「国家資格の話なのか!」とかえってみたくなったという…マジでいったいなんなんだ…魔法士…

魔法遣いに大切なこと DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2006-02-24)
売り上げランキング: 88,916

−※−※−※−

ハイ、ぼんやり考えていたネタの蔵出し企画です。前回の更新

>言いそびれてましたが、今月はセゾン投信さんの運用する二つのファンドの決算月なので、この二つのファンドをフィーチャーしたネタを更新していきます。

とか書いてるクセに早速の脱線です。全国にあまたいらっしゃる【セゾン資産形成の達人F】ファンの皆さまには、今しばらくお待ちいただけますよう…


−※−※−※−

さて。

『資産形成に大切なこと』と大きく打ってでたタイトルですが、『資産形成』の部分を『資産運用』と読み替えていただいてもOKです(さらにハードルを上げる)

あと、当ブログで取り扱うんですもん。『資産形成』の手段としては『国内・国外の株式・債券・その他に投資する国際分散投資』を念頭にした場合、という注意書きをいれさせてもらいます。例外として預金100%の選択肢も「貯金をする習慣」という意味では(とてつもなく偏ったポートフォリオによる)『資産形成』と認められる、といったトコロでしょうか。


大切なことは何か?

〇 ファンド選びか?ポートフォリオの選定か?

〇 いやいや、証券会社(等の取引窓口)の選択か?

〇 よく耳にする「自分自身のリスク許容度の把握」か?

etcetc

上記のどれもが、投信ブログ界隈で色々と議論のある内容かと思います。つまり、『資産形成に大切なこと』そのものなんじゃないの?そんなふうに感じる事もあります。

でもね。ホントかな?って思うんです。本当に大切なこと、なのかな?って。

いやいや、別に『大切じゃない』とまではいいません。それぞれ、おざなりにしてよい要素ではないという認識はあります。ただ、『本当に大切』か?一番大切な事なのかな??って思うんです。


本当に大切なこと

それは『上昇相場にそって市場に対して前のめりのリスクオン』をしないこと。

同時に『下落相場に恐れおののいて完全に市場から撤退するリスクオフ』をしてしまわないこと。


つまり、短期的な変動・トレンドに反応して長期的な−目的からすると長期的であるべき−『市場』との付き合い方を間違ってしまわない事。コレじゃないかな?と思えてくるんです。

『市場』とはマーケット…つまり投資界隈ではよく持ち出される『Mr.マーケット』の囁きに他ならない…そんな風にも思えます。


何か、目の醒めるような一撃逆転の方法を期待していた方、ゴメンなさい。

何か、絶対に利益につながるテクニックを期待していた方、ゴメンなさい。

でも、多分『本当に大切なこと』はこういう地味な事だと思うんです。そして、その『地味な事』−しかし、(特に下落に関して)いざ、決断をすべき時にないがしろにしてしまいがちな『本当に大切なこと』。忘れずにいたいものです。

−※−※−※−

ぼんやり考える事として、『資産形成』という目標に対して、定時積立でも断続的なスポット購入による資産積み上げスタイルでも『コレはやったらアカンヤツ』という事が多い気がします。逆にいうと『コレはやったらアカンヤツ』を一つでも多く知る、避ける事の積み重ねこそが、地味だけど(長い目でみれば)確実な、誰にでも実施できる方法なんじゃないかな?と感じています。

こうしてブログネタにしたためるには面白みもないんですけどね。

それでは せいぞんせんりゃく しましょうか
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM