今だからこそ振り返る【セゾン資産形成の達人F】の歩み 2013年12月〜2014年11月


−※−※−※−

当ブログ、当エントリに『セゾン資産形成の達人ファンド』関連の検索ワードによって直接ご訪問の皆様へ。

当ブログでは【セゾン資産形成の達人ファンド】について、当エントリ以外にも色々なご紹介を行っています。お時間、ご興味がある方は以下のまとめも合わせてご覧いただければ幸いです。

【セゾン資産形成の達人ファンド】まとめ2013年12月16日現在 【セゾン資産形成の達人ファンド】まとめ2013年12月16日現在 | これが我が家の生存戦略

−※−※−※−


本日のお題はタイトルの通り12月10日に第八期決算を迎えた【セゾン資産形成の達人F】の振り返りを行います。以前、同様のタイトルで設定〜2012年10月末までのエントリ、また第七期決算期間の振り返りをしたエントリを書いています。



今回は【セゾン資産形成の達人F】の組入れファンドの比率&評価額の推移をチェックします。


1.組入れファンドの比率


期の途中(3月ごろ)に、日本株式に投資する【コモンズ30ファンド(適格機関投資家限定)】の全売却を行っていますね。それ以外に、新規組入れファンドがあったり、全売却があったりはしていません。

このあたりの投資行動に対して、当ブログとしての見立て・評価は以下のエントリにしたためた通りです。


この投資行動によって『日本株式』『日本を除く先進国株式』『新興国株式』『それ以外(現状では現金のみ)』の割合がどう推移しているのか?というのも合わせてチェックしていきます。

(厳密にいうと【TMA長期投資ファンド<適格機関投資家限定>】は『日本株式』・『日本を除く先進国株式』それぞれに投資しているサブファンドなのですが、計算を簡便化する為に、同ファンド内で常に過半数をしめる『日本株式』に関するファンドとして取扱います。また、【セゾン資産形成の達人F】内の同ファンド組入れ割合そのものも小さく、厳密に分類・計算を行ってもグラフ上に見てわかる程の違いはでません)


今回は『日本株式』の比率の推移に注目したいので、その部分だけラベルを入れています。ふむ、【コモンズ30ファンド(適格機関投資家限定)】を組入れから外したからといって、他の日本株式ファンドを厚く保有したわけではないようですね。


2.組入れファンドの評価額




比率のグラフと違って概ね右肩上がりのグラフになっていますね。前回ウォッチした着実な流入資金を、これまた地道に−そしてしっかりと順次リスクオンしている姿勢が確認できます。


3.月毎の投資行動

毎月の運用レポートの中で「今月は〜ファンドの買い付けを行いました」と記載されています。この情報とサブファンドそれぞれの評価額、単月の騰落率より「実際にサブファンドの買付を行った金額」が計算できます。

例として、以前更新していたコンパスチェックシリーズをご参照ください。

コンパスチェック2013年8月 セゾン資産形成の達人ファンド コンパスチェック2013年8月 セゾン資産形成の達人ファンド | これが我が家の生存戦略

いいかえると単月ごとに計算・確認の履歴を残していたのがコンパスチェックシリーズであり、その計算結果(のうち実際に買付宣言されてたファンドの結果)をまとめたのが下記の表になります。





表の下からの二行目では全てのファンド売買額と現金の増減の収支を計算したもの(月間累計額(予想累計))としています。また、一番下の行には前回チェックした単月毎の資金流出入額を記しています。


つまり

資金が流入して総受益権口数が増えた場合

⇒増えた現金をファンド保有比率維持の為に買付に回す。
(ただし、流入資金を全て使っているわけではない。)


資金が流出して総受益権口数が減った場合

⇒保有していた現金から優先して流出資金にあてている。
(今後、保有現金以上の資金流出があった場合にどういう振る舞いをするのかは要チェック項目。おそらく、目標比率を維持するように「評価額が上昇して比率が大きくなっているファンド」から優先して解約するのだと予想。)


−※−※−※−

今回はファンズ・オブ・ファンズ(FoF)形式である【セゾン資産形成の達人F】のサブファンド保有比率の推移とサブファンドの売買動向をチェック・予想してみました。FoFでもこうしたチェックを年に一回ぐらい続けていくと、そのファンドがどんな意図をもって運用しているのか?が見えてくるのではないでしょうか?

ご参考:ファンズオブファンズ(FoF)方式のお話 #saison_dotti ファンズオブファンズ(FoF)方式のお話 #saison_dotti | これが我が家の生存戦略

現在は概ね資金流入気味に推移している【セゾン資産形成の達人F】ですが、今後状況が変わって、資金流出超過が継続するような事態になったらどんな運用をするのだろうか?そうした事も予想しつつ、今後もチェックを行っていきます。


それでは せいぞんせんりゃく しましょうか

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村ブログパーツ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM