2015年は…跳ねなきゃ!


20140104_

あけまして、おめでとうございます!

今日でお正月休みが終わりな方々も多いなか、明日は年次有給休暇を取得したという…ヘタレブロガー、モ人です!

煽り気味なタイトル、この部分、このブログ(投信ブロガー界隈)のポジションからすると

『今年の投資方針は攻めていくぞ!』

という風に感じる方も多いと考えます。

しかし、そこは『このブログ』今までのエントリをご覧いただけている一部読者の皆様(一部なのか…皆様なのか…)投資方針の変更は『全然考えておりません』


では、なにをして『跳ねなきゃ!』という気持ちが湧いてきたのか?

それは…

『投資以外の全部』

です!


優先順位からすると…

12/31追記アリ!!≪業務連絡≫日経ヴェリタスさんに取材を受けました。あと高島平


Neue Zürcher Zeitung - Printed paper, iPhone and iPadNeue Zürcher Zeitung - Printed paper, iPhone and iPad / visualpun.ch

≪12/30 本エントリは帰省前に下書きを済ませており、写真を差し込んだら本公開完了!という状態まで仕上げていましたが、肝心な現物が年明けにしか届かないという一大事が判明いたしました(爆)よって写真なしバージョンを先行(?)公開いたします≫

というわけで、モ人初の紙媒体にあらわる!の巻です。モ人です。

先日、某ブロガーさんからのご紹介で日経ヴェリタスの記者さんと面談、取材をしていただきました。紙面のうち後半の個人投資家の投資歴を綴っている「個人投資家七転び八起き」というコーナーに掲載されています。

掲載号は12/28(日)発売の第355号。

≪ココに写真が入る予定でした!!Amazonのバカヤロー≫

<12/31追記>

ま、まにあった…年内には間に合った!!



っていうか似顔絵が誰だおまえ状態で嫁さんが吹き出す事態発生(笑)確かにマフラーしてたけど(笑)

あと、このブログを読み込んでいただけているごく少数の方からすると、アタマに?マークが炸裂する部分もあるかと思います。…というか、ちょっと自分でもお伝えする方法が悪かったかな?と反省する部分があるので、そこのところのフォロー記事は年が明けてしたためる予定です。

</追記終了>
内容としては、当ブログでもちょびっと綴っている過去の黒歴史開陳(かいちん)シリーズ『モ人の履歴書』のダイジェスト版、といったところでしょうか。

(この『〜の履歴書』ってフレーズは日経新聞さんの『わたしの履歴書』からひっぱってきてますが)











…記者さんに話した内容は8回以降の内容…つまりFPのFさんの超プッシュおススメしてきた『ステキ毎月分配型投信(再投資)』を四割ほど含む『キラキラポートフォリオ(仮)』に投資していた暗黒の時代を含んでいます…


…えーっとゴメンなさい。でもッでもっ!!記者さんに話してたら「なんかだんだん書けそうな気がしてきた!!」と思えてきました!!

というわけで、『モ人の履歴書』シリーズ、来年には再開できそうです…

初めて当ブログにお越しの方に 2014年12月

はじめまして、モ人SYO−GOと申します。簡単なプロフィールはコチラ
また、このエントリ自体、年に一回のアップデートを行っています。第一回、第二回=前回(去年)のエントリは以下。

初めて当ブログにお越しの方に 2012年12月 初めて当ブログにお越しの方に 2012年12月 | これが我が家の生存戦略

初めて当ブログにお越しの方に 2013年12月 初めて当ブログにお越しの方に 2013年12月 | これが我が家の生存戦略

前回から大きく変わっている事もありませんが、お時間・ご興味のある向きは上記エントリも合わせてご覧いただけるとさいわいです。


Q1.モ人とは?

A1.東京都板橋区高島平近辺在住の薄給サラリーマン。男性。34歳(去年まで年齢はボカしてましたが、モ人ポートフォリオ管理でオープンにしてるので、コチラでも白状)。

Twitterアカウントはコチラ

ブログ用メールアドレスはmojin_syo_go☆hotmail.co.jp
(お手数ですが☆マーク部分を@に置き換えてください。)

配偶者アリ、五歳の長男(セガレ)、二歳の長女(ムスメ)、零歳の次女(ルーキーちゃん)の五人家族(多分もう増えないと思う)

ご参考:無事に第三子出産・母子共に退院いたしました 無事に第三子出産・母子共に退院いたしました | これが我が家の生存戦略

こうして、いわゆる「投信ブログ」を管理・更新していますが

ブログ運営もk2k2投資もモ人家にとって人生の最優先ではない ブログ運営もk2k2投資もモ人家にとって人生の最優先ではない | これが我が家の生存戦略

という風に「投資活動」「ブロガー活動」は家族・本業に支障をきたさない範囲で取り組んでいます。

故郷(クニ)に帰らせていただきますッ! 2014年末


IMGP4807
IMGP4807 / Kyoto-Picture

…誰も気にしてない帰省情報提供エントリ、モ人です。

というわけで、一昨年、昨年とお知らせしているとおり故郷である『課題先進都市:北九州』及び某F県某k市に帰ります。

ご参考(2012年版):あと少しでお別れの2012年に あと少しでお別れの2012年に | これが我が家の生存戦略

ご参考(2013年版):2013年が終わる…だ…と…ッ!! 2013年が終わる…だ…と…ッ!! | これが我が家の生存戦略



ご参考(おっぱいバレー):映画『おっぱいバレー』の舞台を訪ねて 映画『おっぱいバレー』の舞台を訪ねて | これが我が家の生存戦略

12/24以降はなんだかんだとSNSやブログコメントなどの反応が遅くなりそうですが、ご容赦を。

(某投信ブロガー殿へ。

戦士F-11Dはその役目を果たし、今は隠居ぐらしの身。

代わりに別途参戦したF-05Fがモ人の愛機となっております。F-11Dが教えてくれたMVNOという新しい通信地平線によって我が家もパケホーダイのくびきから解き放たれそうです。

あとは頑固な嫁さnうわぁなにをするーやめr)

ハイ。大丈夫です。実際大丈夫。

…とはいえ、実はご報告もあるので年内最後の更新ってわけでもないんですがね。スマホもどき(MVNO端末の事)から更新ができるか?という不安はあります。あと、タイミング。

前回帰省時(夏)に、

>もし!もしも更新情報を見逃したくない!という奇特な方がいらっしゃったら当ブログ左サイドバー上部分にある『Feedly登録ボタン』からRSSフィーダー・Feedlyに登録くださいませ。2014年7月30日現在で63名の方が当ブログの更新情報をウォッチしてくださっているようです。

と書いていました。2014年12月21日現在で91名の方が当ブログの更新情報をウォッチしてくださっているようです。

とか言いながらも自分はFeedly使いこなせてないんですけどね(恥)

第四回k2k2ダービー勝手に並走マッチ 2014年11月末 #k2k2d


先日更新した『Fund of the Year』と同じ発起人、rennyさん@rennyの備忘録にて開催されているバーチャルインベストメント企画、『第四回k2k2ダービー』。当ブログでは公式に参戦すると共に、「公式に出馬するポートフォリオの対抗馬」を複数提案し、『勝手に並走』することを宣言しております。




本日は、上記で提案した並走ポートフォリオの10月初頭買付に続き11月初頭の買付の後、11月末の段階ではどうなっているのか?そして、その間に支払った手数料の合計はいくらになる(と計算できる)のか?をウォッチしていきます。

1.各ポートフォリオ内訳

燃えろ!日本株


淡々とインデックス(ただし日本)


ざっくりバランスファンド三つ


モ人ポートフォリオ【応援】


…うーん…特に歪みもなし!ま、たった二回の買付で比率に歪みがあるようだとちょっとアレすぎるだろ!という事ですかね。


2.各ポートフォリオ合計額推移


全ポートフォリオで元本割れなし。損益も10月末に比べて大きくなってきました。先月、唯一の元本割れだった『モ人ポートフォリオ』が一番よい結果をたたき出している点は注目に値しますね(エッヘン)それに続く、インデックスファンドら二つのポートフォリオが健闘しています。…公式参戦ポートフォリオは…うーむ…今後の展開に注目しましょう。

結局駆け込み!「ノシリス知育玩具ファンド2」に出資しました


…えーっと…☆ (ゝω・)テヘペロ

…うん、タイトルの通りなんだ…察しのよい&記憶のよい皆様におかれましては、以前モ人が


にて

>モノ自体は面白そうだと思ったのですが、ファンドのスキームとして『資金使用目的:新製品の開発』『既存製品の売り上げから配当』というのが、ちょっと漠然としすぎてて…今回は見送りました。

と一言ことわって紹介していた、知育玩具−ノシリスへのファンドだとおわかりでしょう…なんという欺瞞!(ニンジャスレイヤー風に)


し、しかしですね!言い訳させてくださいよ!!この「ノシリス」なかなかオモシロいなぁ〜と思ってたんですが、なんとクリスマスプレゼントセットなんてあるじゃないですか!


図解でわかる!資産形成に大切なこと


図解でわかる!…なんと「アレ」なひびきでしょう…最近はトンとご無沙汰になりましたが、モ人はもともとビジネス書大好きでした。そんなビジネス書のうち、特に売れた本は『図解でわかる!』という風に図画が増えたマイナーチェンジ書が刊行される事が多かったと記憶しています。今でも傾向はかわってないのかな?

(…これには『図解でわかる!』シリーズが出版される事によって新たな顧客を獲得−ひいては既刊への誘導を図る、もしくは既刊を読んでいて既に顧客になっている層に対して「なんかあたらしい事書いてるのかも」という期待のまま買わせる、というビジネス上の文脈をバシバシ感じてしまいます…)

というわけで、『図解でわかる!』シリーズです。前回のエントリは最初に『図』から浮かんだネタだったのですが、スピードを優先してテキストのみの更新としていた、という背景もあります。


>本当に大切なこと

>それは『上昇相場にそって市場に対して前のめりのリスクオン』をしないこと。

>同時に『下落相場に恐れおののいて完全に市場から撤退するリスクオフ』をしてしまわないこと。

前回、上記のように書きました。二つの要素がありますが、どちらも「しないこと・してしまわないこと」です。また、『上昇相場←→下落相場』と『リスクオン←→リスクオフ』の二軸によってマトリックス表示ができそうです。

ためしに、散布図のルール「制御できる項目(変化させる項目)を横軸に」「制御できない項目(結果を見る項目)を縦軸に」を意識して『リスクオン←→リスクオフ』を横軸、『上昇相場←→下落相場』を縦軸に取って表記してみます。

まずは、アカンヤツ二種類の描画から。


うん。アカンヤツですね。もう一言いうなら、仮に右上の『アカンヤツその一』になったとしたら、いずれ訪れる下落相場で左下の『アカンヤツその二』にクラスチェンジ⇒取りすぎていたリスクに茫然自失しながらの退場となる…そんな光景が目に浮かびます。

当然、上昇相場を味わう事なく、いきなり『アカンヤツその二』に陥る可能性もあります。どちらにせよ、『アカンヤツその二』になる、という事は「自分がとる事のできるリスクを把握できていなかった(軽視していた)」という事でしょう。

(つまり、『資産形成に大切なこと』とは『自分自身のリスク許容度の把握』に他ならないのだ!という意見もあるかと思います。それ自体は正しいと思います。

…ただ、このシリーズを通して言いたいことは「ただ単にリスク許容度(という定性的・マインドに訴えかけるモノサシ)を把握すべき!というより、下落・上昇を繰り返す市場に対してどういう態度でいるか?のほうがわかりやすいんじゃないのかな?と思った」という事です。)

≪緊急更新≫『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2014』の表彰式でモ人と握手!


というわけでわけあって昼休みの書いて出しです。

先日(先月?)更新したとおり、『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2014』に投票を行いました。


また、表彰式の詳細が明らかになった段階でご紹介もいたしました。


この後、12月1日のチケット発売と同時に「いざ行こうかどうか悩んでて、行けるようになった時にチケットがなかったらイヤだから」という…なんでしょうね、「抑えとくか」マインドのままチケットを購入しておきました。



その後、まぁ色々家庭内ではあったりなかったり現在進行形でアレやコレやバタついていますが、年始のイベントには参加できそうな見通しです。ので、改めて告知をば。


「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」とは?

>投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

>証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。


>2015年1月9日に、投資信託をテーマにしたイベントを開催します。経済評論家・山崎元さんをお招きしてのトークライブ、そして「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」の結果発表と表彰式を行います。

>投資信託に興味のある方はもちろん、投資や資産運用の初心者の皆さんにも楽しんでもらえるようなイベントを目指します。ぜひお気軽にお越しください。

>日時: 2015年1月9日(金) 19:00〜20:40 (開場18:30)

>会場: 渋谷シダックス・カルチャーホール (地図 最寄りは渋谷駅)

>入場料: 1500円 (2014年12月1日 入場チケット発売開始。当日券発売未定)

><タイムテーブル(予定)>

>19:00 イベント開始

>第1部 山崎元さんをお招きしてのトークライブ

>19:55

>第2部 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014 結果発表・表彰式。
>上位入選した投信会社の方からコメントを頂く予定です。

>20:40 イベント終了


100人を大きく超える投信ブロガーの皆さんが選んだ「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2014」の結果にわくわくしてみませんか? 上位入選したファンドの投信会社さんを一緒に称えてみませんか?

さよならマーチ回想録〜その一・事故発生から病院へ〜


≪注意!

本日の更新は10/10に下書きが終わっていたネタです。ですが、続編を書く気が起こらず、ずるずると二か月も寝かせてしまいました。続編は依然として書く気にならない(というか本題から外れて面白くない割にどこまで書こうか外枠がはっきりしてない)ので、偉大なる車田正美先生の『男坂』を参考にさせていただいて、堂々と『未完!』という事にさせてください。

(つまり続きを書く気がないのを承知で、それでも読みたい人のみ続きをどうぞ)

(あ、投資とは関係ありません。保険も、仕組み的な匂わせはありますけど、知ったところでトクしたり、知らないが故に損したりするような有用な情報は一ミリも入っていません。ご了承を。)

−※−※−※−

要約

・相互リンク先の「いつか子供に伝えたいお金の話@虫とり小僧さん」の良エントリに触れ、交通事故にあった記憶がよみがえった。

・需要はなくてもお金に関係する部分だけでも備忘録がてら書き残しておく

−※−※−※−

まずは良エントリのご紹介




交通事故にあった場合に医療機関で健康保険を使えるのか?という問題(小ネタ?←失礼だろ)を深く深く掘り下げててめっちゃ勉強になる内容でした。

このシリーズを読んでいて「お、そういえば自分も事故に遭ったな」と思い出したので虫とり小僧さんの良エントリ程勉強になるでもなく、需要は特にないでしょうけど、なんとはなしに書き残しておきたいと思います。つまりあいもかわらぬチラシの裏。


〜約10年前のちょうどこのころ〜

<12月追記>

このころ、とは10月末をイメージして書いてました…

</見苦しい追記終わり>

モ人は就職後、半年勤めた事やお金がボチボチたまってきていた事から車を買いました。当時はゲーム『ガンパレードマーチ』にハマッていた事もあって「青色のマーチ」を購入。濃いメタリックブルーのイカした車でした。

1/24 インチアップNo.110 日産 新型マーチ V Selection
フジミ模型 (2005-07-25)
売り上げランキング: 300,985

※ 大多数の方はご存知ないでしょうが、ガンパレード・マーチという作品内(及び世界観を共有するいくつかの作品内)では「青色」というのが特別な色だとされています。理由は…語り出すと長くなるので気になる向きがいらっしゃいましたら、各人でググっていただければ幸いです。

ガンパレード・マーチ(1) 電撃コミックス
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014-11-13)

(特に色々なメディアで展開していますが、上記リンクのマンガ版がコンパクトに、しかしクリティカルな要素がつまっている良作です。もっと知りたい人は電撃ゲーム文庫からスゴイ勢いで続いている…ゲームの舞台となった熊本を飛び出して気が付いたら北海道とかロシアとかアメリカの西海岸とかに飛び出している電撃ゲーム文庫@榊さんのガンパレードマーチを追いかけてみてください。おススメは九州撤退戦上下巻およびその外伝

ガンパレード・マーチ5121小隊 九州撤退戦〈上〉 電撃ゲーム文庫
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014-11-13)
売り上げランキング: 14,106

ガンパレード・マーチ5121小隊 九州撤退戦〈下〉 電撃ゲーム文庫
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014-11-13)
売り上げランキング: 20,281


このマーチという車種選択、運転初心者であり特段乗り心地や走り味にこだわりのなかったモ人にとって「ネタ先行・語呂先行」で決めた割にはなかなか悪くないチョイスだったと自画自賛しています。おまけにディーラーの試乗車落ちという新古品で値段(定価の7割程度?)の割には良品でした。(人生初のマイカーがインテリジェンスキー付きという贅沢!!)


そして、マーチに乗って一周年を迎えようとしていたあの日…あろうことか交通事故を起こしてしまいます。

今だからこそ振り返る【セゾン資産形成の達人F】の歩み 2013年12月〜2014年11月


−※−※−※−

当ブログ、当エントリに『セゾン資産形成の達人ファンド』関連の検索ワードによって直接ご訪問の皆様へ。

当ブログでは【セゾン資産形成の達人ファンド】について、当エントリ以外にも色々なご紹介を行っています。お時間、ご興味がある方は以下のまとめも合わせてご覧いただければ幸いです。

【セゾン資産形成の達人ファンド】まとめ2013年12月16日現在 【セゾン資産形成の達人ファンド】まとめ2013年12月16日現在 | これが我が家の生存戦略

−※−※−※−


本日のお題はタイトルの通り12月10日に第八期決算を迎えた【セゾン資産形成の達人F】の振り返りを行います。以前、同様のタイトルで設定〜2012年10月末までのエントリ、また第七期決算期間の振り返りをしたエントリを書いています。



今回は【セゾン資産形成の達人F】の組入れファンドの比率&評価額の推移をチェックします。


1.組入れファンドの比率


期の途中(3月ごろ)に、日本株式に投資する【コモンズ30ファンド(適格機関投資家限定)】の全売却を行っていますね。それ以外に、新規組入れファンドがあったり、全売却があったりはしていません。

このあたりの投資行動に対して、当ブログとしての見立て・評価は以下のエントリにしたためた通りです。


この投資行動によって『日本株式』『日本を除く先進国株式』『新興国株式』『それ以外(現状では現金のみ)』の割合がどう推移しているのか?というのも合わせてチェックしていきます。

(厳密にいうと【TMA長期投資ファンド<適格機関投資家限定>】は『日本株式』・『日本を除く先進国株式』それぞれに投資しているサブファンドなのですが、計算を簡便化する為に、同ファンド内で常に過半数をしめる『日本株式』に関するファンドとして取扱います。また、【セゾン資産形成の達人F】内の同ファンド組入れ割合そのものも小さく、厳密に分類・計算を行ってもグラフ上に見てわかる程の違いはでません)


今回は『日本株式』の比率の推移に注目したいので、その部分だけラベルを入れています。ふむ、【コモンズ30ファンド(適格機関投資家限定)】を組入れから外したからといって、他の日本株式ファンドを厚く保有したわけではないようですね。

続きを読む >>

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM