帰ってまいりました〜あるいはハレの日の終わり〜


前回更新エントリ


にて申し上げた通り、いわゆる「夏休み」ってヤツを頂戴して故郷(と書いてクニと読みましょう)に帰っていましたが、本日テリブルトーキョーに帰ってまいりました。

もう、絵に書いたようなネット難民生活であり、デジタル断食&休みを満喫してきましたので、コレにて【ハレ】の日のおしまいとします。

おいとまを頂戴いたします〜2013年夏休みのご連絡〜


当ブログをご覧の皆様に申し上げます。

わたくしごとではありますが、7月26日(金)より帝都トーキョーを離れます。その間、インターネットへの通信手段が限定…最悪の場合、まったく通信ができない事も覚悟すべき事態となりました。(詳しくは書けませんが)

よって、当ブログ更新はおろか…

〇 当ブログへいただいたコメントの開示(当ブログのコメント開示は管理人承認制になってます)

〇 Twitterでのリプへのお返事など

〇 巡回先ブログの確認(コレは個人的な楽しみか)

ができなくなる、と見ています。


(以前、あと少しで迎える2013年に あと少しで迎える2013年に | これが我が家の生存戦略にて似たような事を書いていますが、当時は通信手段が確保できたので「結果的に杞憂に終わった」のですが…今回はマジで怪しいです)


以上の件、お含みおきくださるようにお願い申し上げます。

テリブルトーキョーに帰ってくるのは、8月4日(日)を予定しておりますが、地震・雷・火事・オヤジなどの災害発生状況に応じてスケジュールが柔軟かつ大胆に変更する可能性もあります。帰ってきしだいツイート、エントリ更新を行います。

有料メルマガやWeb上の課金型テキストコンテンツを購読する理由


えーっと…新企画のご案内なんてしてるクセに他の事ばかり取り上げてて


「書く書く詐欺だ!」

「サブファンドウォッチはどうなった!?」

「ってタイトルからして、また投資と無関係な事書いてるのか!何度目だ!?」


そんな声が聞こえてきそうですね(自意識過剰?)ただ、前回更新の奇妙な『観察映画』という表現手法への招待(ができればいいな) 奇妙な『観察映画』という表現手法への招待(ができればいいな) | これが我が家の生存戦略に関して追記を行ったので、その部分の補足説明をさせてください。


前回のエントリに追記しておいた通り、奇妙な『観察映画』という表現手法への招待(ができればいいな) 奇妙な『観察映画』という表現手法への招待(ができればいいな) | これが我が家の生存戦略はモ人が購読している「佐々木俊尚氏のメルマガ佐々木俊尚 公式サイト 佐々木俊尚 公式サイト」に投稿したメール(2回にわけて送りました)を、若干手直ししてエントリとして起こした内容です。メルマガ自体にも取り上げられて、佐々木氏のコメントもいただいたし、興味深い視点だったので追記しました。(佐々木氏から、引用の許可は得ています)


ココで

「え?モ人ってば有料メルマガなんて読んでるの?月額1000円…って週に一回来るだけのメールなのに一ヶ月に1000円もするの?」

「普段の生活をケチケチ切り詰めて、いかにして投資に回すお金を確保するのかを追求するのが投信ブロガーとしての心意気ってもんじゃないの?」←言いすぎ

なんて声が聞こえてきそうです。

奇妙な『観察映画』という表現手法への招待(ができればいいな)


※ 本文最後に追記しました。H25 7.9

※ 今日のエントリはいつにもまして「投資と関係ない」内容になってま…い、いや、関係なくなかった!!政治と投資は無関係じゃないですよ!!証拠はrennyさんのコチラのエントリ


ちょっと前のエントリですが、当時、本当に「大切な日曜の前」に読めてよかったです。が、やっぱり人によって「投信ブログなのに政治の話なんか読みたくないね!」という方もいるでしょう。コレ以降はご興味のある方のみ、ご覧下さい。

−※−※−※−※−

突然ですが、皆さん7/6(土)から公開されている映画「選挙2」を御存じでしょうか??



コレは、想田和弘監督の【観察映画】というスタイルで撮影・編集された映画で…

○ ナレーション・テロップ・BGMなどの編集いっさいなし。(映像の編集は行っている)

○ 監督が一人で【観察対象】に対してカメラを向け続けるだけ。


という、奇想天外な作りになっています。まだ、自分は「選挙2」を見ていませんが6月28日(金)東京MXテレビ放映の「ニッポン・ダンディ」で紹介されているのを見たところ、同監督デビュー作「選挙」(2007年)と同様の上記手法で作成された映画のようです。


↑前作「選挙」のアマゾンリンクも貼り付けましたが現在品切れのようです…レビューを読むだけでも「そうそうコレコレ(笑)」といいたくなる内容ですが。


モ人と嫁さんは2007年の公開時も劇場で見て、その後DVDも買いました。(というかこんなヘンテコな映画を探してきたのは、実は嫁さん。何気にとんでもないネタをひっぱってくる、フツーじゃないアンテナを持ってます。)

当ブログの中期目標〜あるいは、ただ樽が買いたいだけの寝言〜


※ 今回の更新は下記の前回更新エントリより、「おバカ」な内容になってます。あいかわらずお酒の話題ですが、加えて「おバカ」です。ご興味のある方のみご覧ください。


にて『モ人の、いや我が家の経済的目標の一つに【サントリーオーナーズカスクを買う事】を追加する事をココに宣言するッ!!』とブチあげました。(そんなカッコいい事、言うとらんだろう)

しかしッ!!なんと嘆かわしい事に…2010年にサントリーオーナーズカスクは休売となっているのです!


な、なんだ…と…(絶句)

子供の日だ(った)から子供の事でも


−※−※−※−

当ブログ、当エントリに『コモンズ30ファンド』関連の検索ワードによって直接ご訪問の皆様へ。
当ブログでは【コモンズ30ファンド】について、当エントリ以外にも色々なご紹介を行っています。お時間、ご興味がある方は以下のまとめも合わせてご覧いただければ幸いです。

【コモンズ30ファンド】まとめ2014年2月5日現在 【コモンズ30ファンド】まとめ2014年2月5日現在 | これが我が家の生存戦略

−※−※−※−

※ 本日の更新はせめてこどもの日(振替休日)扱いになる5/6に更新しようと考えていたのですが、セガレの寝付きが悪く…しっちゃかめっちゃか、すったもんだの大騒ぎが起きたので更新どころではありませんでした。

※ 本日の更新は投資に関して有用な情報は多分含まれていません。子供の事に興味がある方のみご覧ください。

去年の5/5にはこんなエントリを書きました。


内容はほとんどが「コモンズ投信のこどもトラストプランの紹介」でしたが、この際にセガレ名義のコモンズ30ファンドが元本(3000円ボーナスを含まない部分)に対して+17.2%になっているという事も記録していました。あと後ろ姿の写真。

今年も同じように「セガレ名義のコモンズ30ファンドの記録」と「写真」を載せた更新をできればいいな〜と思ってたのですが、それから派生して「自分にとって子供ってなんだろ」という事をぼんやり考えてみました。

ブログ開設一周年なので【被検索ワード】の傾向を見てみるエントリ



今回はエントリタイトルどおり、【被検索ワード】…つまり当ブログが閲覧された際、検索サイトからどんな検索ワードを入力されて誘導されたのか?をウォッチしてみましょう。

とはいえ、アレやコレや一つ一つのワードを細かく分けていくと(主に集計するオイラが)大変です。ので、以下のワードにカテゴリー分けして集計してみました。

【セゾン投信】 【ひふみ投信】 【鎌倉投信】 【コモンズ投信】 【分配金】 【ドラえもん】 【モ人 or 生存戦略】

では、集計結果です。(2012年11月〜2013年3月)

ブログ開設一周年なのでちょっと振り返ってみるエントリ


以前、2013年3月末の運用状況(リバランスまであと24ヶ月)で触れたように、この4月2日をもって当ブログは開設から一周年経過しました。

せっかくなのでオレは赤い扉を選ぶぜぇ!デスクリムゾン - Wikipediaこの一年のブログ運営を振り返ってみようと思います。

※ 投資と直接関係ない雑談ですので、ご興味のある方のみご覧ください。

『信じる』というのはギャンブルと同じだ


※ 本日のエントリは機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 機動戦士ガンダムUCネタを軸に構成されています。こういうネタにご興味、ご理解のある方のみご覧ください

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)のストーリーはコチラの公式サイトをご覧ください。

今エントリのタイトル「『信じる』というのはギャンブルと同じだ」は以下の原作てくるワンフレーズです。

機動戦士ガンダムUC (8)  宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)
福井 晴敏 矢立 肇 富野 由悠季
角川グループパブリッシング



(余談。この内容を書こうと思ったものの原作8巻に相当するアニメ機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 6 (初回限定版) [Blu-ray] の公開・発売のネタバレを含むので発売を待ってからにしようと思ってました。が、アニメでは構成の都合上このくだり自体がなくなってて…無用な心配だった&このくだりが好きな自分としてはさびしい限りです。)

以下に引用

ルビコンなう


ルビコンなう


「この川を渡れば人間世界の悲惨、渡らなければわが破滅。

進もう、神々の待つところへ! 

我々を侮辱した敵の待つところへ! 

賽は投げられた!」

モ人は…いや、【我が家】重要な決断を迫られています…
続きを読む >>

follow us in feedly
FB これが我が家の生存戦略

Facebookページも宣伝

記事別アクセスランキング

amazonのおススメ!

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2015/05/17
無料レンタル

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM